不動産

豪州商業用不動産:セクター別に見る回復への道のり

By ルーク・ディクソン
不動産部門リサーチ担当ヘッド 豪州、シドニー

低金利環境と不透明感が続く中で、分散戦略を通したディフェンスを目指す投資家はチャレンジに直面しています。シクリカルな資産クラスである豪州の商業用不動産セクターも、ここ12か月で新型コロナウイルス感染の影響をフルに受けていますが、その回復期を通して、イールドと安定性を確保する機会が提供されるとAMPキャピタルでは見ています。

 

小売

新型コロナウイルスの脅威が続いており、再び訪れるかもしれないロックダウンの恐怖とともに、マスク着用やソーシャルディスタンシング、利用者チェックインといった規制や感染防止策を万全に期した状態で、小売店舗は営業を続けています。これに加え、昨年の感染初期に爆発的に普及したEコマースの影響がまだ残っている模様です。

とはいえ、実店舗は今後、よりEコマースに特化した役割を担う重要なプレイヤーとして活躍を続けると予想されます。消費者のニーズを満たす体験を提供する店舗は引き続き顧客を惹きつけると見られ、多くのブランドではコロナ危機以前から実店舗をショールーム化してEコマース売上の拡大を図っています。

しかし、新型コロナを背景に小売スペースの取引は減少しています。賃料リスクが出る中で、投資家はより優れたイールドをロックインする機会を待っている模様です。

小売セクターの一部ではまだバリューが残っており、複合施設や集合住宅プロジェクトなど、ショッピングセンターを別用途で活用するといったオポチュニティがあると考えています。

 

オフィス

オフィスセクターも、在宅勤務が主流化したことによる需要鈍化という課題に直面しています。この世界的な流れに関しては、長期的な構造変化が予想されるものの、2021年を通して出社勤務復活の流れが見込まれます。ワクチン接種の開始がこの流れをサポートする一方で、より重要なポイントとして、経済全体が回復している点、そしてオフィススペースが生産性とコラボレーション面で提供する価値について、より幅広く認識されるという点が挙げられます。

優良オフィスに対する需要は継続するものの、その定義は変化しています。健康や安全性が最優先される一方で、在宅勤務が幅広く普及した今、人々が集まる場所への注目が高まっています。オフィススペースが縮小すれば、同じビルやフロアに入居するテナント数が増加しますので、異なるテナントニーズにどう対応するか、新たな検討が必要です。

不動産マネージャーは、商品の差別化に積極的に取り組み、テナント満足度を高めることで、競争優位性を維持する必要があります。

 

ロジスティクス

当分の間は、新型コロナウイルス感染で普及が加速したEコマースという長期トレンドをサポートするアセットが恩恵を受ける構図が継続する見通しです。特にそう言えるのは、西海岸の運輸や倉庫サービスです。

タイトな市場ではありますが、バリュエーションは改善が継続すると見られます。豪州国内の投資マネーは既に同セクターへと流入してきていると見られ、海外投資家においても、パンデミックへのエクスポージャーが比較的少ない市場やセクターへの資金移動を検討する動きが広まるでしょう。これら資金が追う投資機会は数多くないことから、慎重に投資先資産を選択する必要があります。人口が多く、購買力に優れた都市部で主要顧客に程近いロケーションのアセットは、需要が高くプレミアムで取引されるでしょう。この様なエリアにおいて土地を確保することは難しいため、収入に関係なく、長期に渡って資産価値の向上に寄与すると予想しています。

 

オルタナティブ

商業用不動産の主要3セクターとは異なった投資機会が数多く登場しています。IoT(モノのインターネット)や自動運転などを背景に需要が高まるデータセンター、住宅不動産への大規模なエクスポージャーを提供するビルド・トゥ・レント(賃貸用集合住宅)、新型コロナを背景に需要が高まるメディカルオフィス・ビルなど、キャッシュフローと資産需要が長期トレンドから恩恵を受ける分野では、ディフェンシブ性に優れたポジションの獲得が可能です。

この様に、2021年は幅広い不動産セクターで投資機会が提供されるとAMPキャピタルでは見ています。コロナ禍からの回復が進行する中で、低金利環境下におけるイールド獲得と長期の分散戦略を目指す投資家にとって、不動産は魅力的な投資先であると考えています。

  • エクイティ
  • オピニオン
  • オフィス
  • ショッピング・センター
  • リサーチ
  • 不動産
  • 実物資産
  • 投資インサイツ
  • 投資戦略
  • 新型コロナウイルス
  • 物流・ロジスティクス
  • 豪州
  • 非上場
この記事をシェアする
不動産部門リサーチ担当ヘッド ルーク・ディクソン

不動産に関するメール配信の登録は

こちらからどうぞ。

(以下の項目は全て必須項目です。)

不動産に加えて、以下の配信にも登録が可能です。希望する場合は、チェックをつけてください。

当社のプライバシー・ポリシー では、個人情報の取り扱いとクッキーの利用、ウェブサイトにおけるトラフィックの追跡に関して解説しています。当社による利用は、あなたのブラウザにおけるクッキーと追跡の設定に基づきます。

(上記ボックス2つにチェックを入れ、登録するのボタンを押してください。)

重要事項

この文書に含まれる情報は一般的な情報の提供のみを目的としてAMP Capital Investors Limited(ABN 59 001 777 591, AFSL 232497)(以下「AMPキャピタル」といいます。)が作成したものです。これは現地において適用される法令諸規則や指令に反することとなる地域での配布または使用を意図したものではなく、かつ、特定の投資ファンドまたは投資戦略への投資を推奨、提案または勧誘するものではありません。読者は、この情報を法的な、税務上の、あるいは投資に関する事項の助言と受け取ってはなりません。読者は(この情報を受領した地域を含む)特定の地域において適用される法令諸規則その他の要件に関して、並びにそれらを遵守しなかったことにより生じる結果について、専門家に意見を求め、相談しなければなりません。この文書の作成に当たっては細心の注意を払っていますが、AMPキャピタルあるいはAMPリミテッドのグループ会社は、予測を含むこの文書の中のいかなる記述についても、その正確性または完全性に関して表明又は保証をいたしません。脚注に示される通り、この文書中のいくつかの情報は、当社が信頼できると判断する情報源から取得しており、現在の状況、市場環境および見解に基づいてます。AMPキャピタルが提供した情報を除き、当社はこの情報を独立した立場で検証しておらず、当社はそれが正確または完全であることを保証することはできません。過去の実績は将来の成果の信頼できる指標ではありません。この文書は一般的な情報の提供を目的として作成したものであり、特定の投資家の投資目的、財務状況または投資ニーズを考慮したものではありません。投資家は、投資判断を行う前に、この文書の情報の適切性を考慮し、当該投資家の投資目的、財務状況又は投資ニーズを考慮した助言を専門家に求めなければなりません。この情報は、その全部または一部であるかを問わず、AMPキャピタルの書面による明示の同意なく、いかなる様式によっても、複製、再配布あるいはその他の形式で他の者が入手可能な状態に置いてはなりません。

当ウェブサイトにおけるクッキーとトラッキングについて:当社では、あなたが当ウェブサイト上で行う選択を記憶し、ウェブサイト機能を補助する事を目的として、基本的なクッキーを使用しています。また、あなたに関連性のある商品やサービスの表示や(あなたが同意した場合にのみ)カスタマイズされたマーケティングを行うために、ウェブサイトのトラッキングと分析目的で任意のクッキーも使用しています。当社におけるクッキーの使用とウェブサイト分析に関する詳細は、こちらからご確認いただけます。あなたのブラウザ設定において、クッキーとトラッキング機能の設定を行っている事を確認してください。