グローバル

リアルアセット2021年の見通し:リアルアセットにおけるESG

By AMPキャピタル

2020年は波乱、そして激変の一年となりました。新型コロナウイルスというパンデミックによって私たちの生活と働き方は大きく変化し、深いリセッションが世界経済を揺るがす中で各国政府は過去に類を見ない規模の金融刺激策を次々と打ち出し、リアルアセット(実物資産)セクターではドライパウダーの積み上がりが一段と増加しました。一方で、気候変動に対する危機意識の高まりと取り組み強化に対するコミットメントが見られた点は、プラスの展開でした。現代社会を形成する様々な革新は、コロナ禍で加速しています。パンデミックとの闘いが続く中で、不透明感に覆われた2021年の様相は、昨年とは異なります。

ここでは、インフラストラクチャー・エクイティとインフラストラクチャー・デット、実物不動産、グローバル上場不動産とグローバル上場インフラストラクチャーの各チームが、注目する2021年の主要なテーマと投資機会を紹介します。

最終回は、リアルアセットにおけるESGに関する運用担当者の見解です。

ESG:LPチェックリストの重要項目に

昨年最も顕著だったトレンドの一つが、ESGに対する関心の高まりです。機関投資家にとって目新しい取り組みではないものの、昨年注目が高まったことで、ESGは「当たり前」の取り組みになったと言っても良いでしょう。運用者の観点からは、新しいグリーン投資サブセクターが注目されるなど、投資案件の模索に際してもこの流れが確認されているほか、投資ポートフォリオとそのサプライチェーンのモニタリングや報告といった取り組みが進んでいます。

欧州では、廃棄物発電や地域熱供給といったセクターで魅力的な投資機会が提供されています。ESGの観点から見過されがちなデジタル・インフラも、社会面でポジティブな影響をもたらすケースもありますが、(光ファイバーケーブルの敷設やデータセンターにおける水利用など)環境負荷について十分な評価を行う必要があります。

ESG投資において今年注目されるトレンドのひとつが、電化です。現在はインフラとサービスを一体化したビジネスモデルが多い電気自動車(EV)の充電インフラについては、今後の展開に注目しています。これは、インフラとテクノロジーを活用して、今ある街をスマートシティへ変えていくという将来を見据えたテーマの一環です。現在のところ、電化という投資テーマへのエクスポージャーを獲得するシンプルな方法は、エネルギー転換に直結した投資です。先行する環境リスクが許容できるのであれば、既存発電資産のクリーンエネルギーへの移行を支援する投資は、人気が高い案件です。

ルーパ・マーシー

インフラストラクチャー・デット部門パートナー(ロンドン)

脱炭素の一年

エネルギー転換は、インフラ資産に莫大な規模のオポチュニティをもたらします。これまでは、電力供給の安全性と価格にフォーカスしたエネルギー政策が主でしたが、現在は環境負荷へと軸足が移っています。排出削減を達成するためには、新しい政策や規制、テクノロジーを活用したインフラの導入に際して協調性のある対応が必要です。当社では、次の分野で投資機会が提供されると見ています:

  • 電力関連インフラ(再生可能エネルギー、電力網、スマートメーター、電力貯蔵)
  • ガスと水素関連インフラ(水素と再生可能ガスの製造、輸送網、産業用熱と地域熱供給)
  • 炭素回収・貯蔵
  • 運輸(脱炭素の取り組みにインセンティブを付与する価格戦略)
  • エネルギー効率

ミケル・デブス

グローバル上場インフラストラクチャー、ポートフォリオ・マネージャー(ロンドン)

運輸:脱炭素化に向けた次なるステップ

世界の温室効果ガス排出の最大要因となってきた発電部門は、ここ10年で低炭素発電に向けて大きく前進しており、この勢いが衰える様子はまだ見られません。そして今、この電力大改革を後押ししたメガトレンドによって、運輸セクターが大変貌を遂げようとしています。中長期的な気候変動目標を達成するためには、世界のCO2排出量の1/4を占める運輸セクターの脱炭素化が必要不可欠です。これを受けて、各国の政府や地方自治体は大規模な政策開発に取り組んでおり、排出ゼロの輸送手段を後押しする追い風が吹いています。テクノロジーの進化が継続していることからも、今後1年以上に渡り、eモビリティを代表する同分野への資金流入が増加すると予想されます。

アンソニー・ハドリー

インフラストラクチャー・エクイティ部門インベストメント・ディレクター(カリフォルニア)

フルレポートを読む

  • インフラストラクチャー
  • エクイティ
  • オピニオン
  • グローバル
  • デット
  • 上場
  • 実物資産
  • 投資インサイツ
  • 投資戦略
  • 新型コロナウイルス
  • 株式
  • 物流・ロジスティクス
  • 非上場
この記事をシェアする

重要事項

この文書に含まれる情報は一般的な情報の提供のみを目的としてAMP Capital Investors Limited(ABN 59 001 777 591, AFSL 232497)(以下「AMPキャピタル」といいます。)が作成したものです。これは現地において適用される法令諸規則や指令に反することとなる地域での配布または使用を意図したものではなく、かつ、特定の投資ファンドまたは投資戦略への投資を推奨、提案または勧誘するものではありません。読者は、この情報を法的な、税務上の、あるいは投資に関する事項の助言と受け取ってはなりません。読者は(この情報を受領した地域を含む)特定の地域において適用される法令諸規則その他の要件に関して、並びにそれらを遵守しなかったことにより生じる結果について、専門家に意見を求め、相談しなければなりません。この文書の作成に当たっては細心の注意を払っていますが、AMPキャピタルあるいはAMPリミテッドのグループ会社は、予測を含むこの文書の中のいかなる記述についても、その正確性または完全性に関して表明又は保証をいたしません。脚注に示される通り、この文書中のいくつかの情報は、当社が信頼できると判断する情報源から取得しており、現在の状況、市場環境および見解に基づいてます。AMPキャピタルが提供した情報を除き、当社はこの情報を独立した立場で検証しておらず、当社はそれが正確または完全であることを保証することはできません。過去の実績は将来の成果の信頼できる指標ではありません。この文書は一般的な情報の提供を目的として作成したものであり、特定の投資家の投資目的、財務状況または投資ニーズを考慮したものではありません。投資家は、投資判断を行う前に、この文書の情報の適切性を考慮し、当該投資家の投資目的、財務状況又は投資ニーズを考慮した助言を専門家に求めなければなりません。この情報は、その全部または一部であるかを問わず、AMPキャピタルの書面による明示の同意なく、いかなる様式によっても、複製、再配布あるいはその他の形式で他の者が入手可能な状態に置いてはなりません。

当ウェブサイトにおけるクッキーとトラッキングについて:当社では、あなたが当ウェブサイト上で行う選択を記憶し、ウェブサイト機能を補助する事を目的として、基本的なクッキーを使用しています。また、あなたに関連性のある商品やサービスの表示や(あなたが同意した場合にのみ)カスタマイズされたマーケティングを行うために、ウェブサイトのトラッキングと分析目的で任意のクッキーも使用しています。当社におけるクッキーの使用とウェブサイト分析に関する詳細は、こちらからご確認いただけます。あなたのブラウザ設定において、クッキーとトラッキング機能の設定を行っている事を確認してください。