インフラストラクチャー

豪州財政刺激策におけるインフラの役割

By ジュリー・アン・ミッチ
インフラストラクチャー・エクイティ部門パートナー、インフラ・ヘルス担当グローバル・ヘッド、社会&高齢者ケア担当ヘッド 豪州、シドニー

新型コロナウイルスというパンデミックの対応策として、豪州では極めて大規模な財政刺激策が講じられています。出し渋りは景気後退の悪化や長期化を招くという認識の下、その方針を巡っては、幅広い合意を得た超党派の支援策が打ち出されました。

コロナ危機初期における連邦政府の対応は、事業や個人向けの現金支給にフォーカスした内容でしたが、足元ではインフラ支出を含むその他様々な措置へと注目が移りつつあります。経済に資金を注入するにあたり、インフラ投資は確固たる価値を提供する選択肢です:即時の刺激効果だけでなく、生産性向上や生活を豊かにする環境開発を通じて、長期に渡り経済や福祉面で社会を後押しするものです。

 

プロジェクトの見極め

ここでの課題は、どの様にすれば意義あるプロジェクトに資金が行き渡るのかという点です。大恐慌の最中に建設されたシドニー・ハーバー・ブリッジや第二次世界大戦後に導入されたスノーウィー・マウンテンズ制度が良い例であるように、インフラ投資は経済を活性化し、様々な恩恵を継続的に提供するものです。

埋めるためだけに穴を掘るような、無意味なインフラ・プロジェクトの実行は誰も望んでいません。しかし、1年前に素晴らしいアイデアと考えられていたプロジェクトでも、今になっては的外れとなるケースもあります。大規模プロジェクトの計画には数年という年月がかかるため、即時に着手可能なプロジェクトを優先するのか、それとも本当に必要とされているプロジェクトを選ぶのか、その選択には緊張が走るのは仕方のない事です。

 

社会ニーズの変化に対応

過去を振り返っても、世界的に大影響を及ぼした出来事は社会に根本的な変化をもたらし、新たな種類のインフラ需要を生んでいます。例えば、第二次世界大戦時に増加した働く女性は、その後も完全に消え去る事はなく、その後数世代に渡り、働く女性をサポートする育児・保育という新しいインフラ需要が誕生しました。

これと同様に、足元のコロナ危機でも新しい働き方をサポートする需要が確認されています。豪ブロードバンド・プロバイダーNBNによる光ファイバーへの有料アップグレードは、ニューノーマルにおける需要の伸びを反映したものです。

この様な商業面のニーズだけでなく、社会インフラも継続的な恩恵を生み出す分野です。子供たちの遊び場やビーチ、国立公園の利用増加や、公共交通機関と公共施設における安全衛生面の改良など、モビリティに対する新しい考え方を背景に、インフラ資金の独創的な活用方法が登場しています。さらに、ヘルスケア分野では、これとは別に大規模な追加投資が予定されています。

 

豪州のインフラ投資計画

豪州政府のインフラ投資パイプラインは1,000億豪ドルという大規模なもので、今月発表された連邦予算では、主に道路や鉄道、ダムを中心としたプロジェクト総額100億豪ドルが2020/2021年度分として上乗せされました。これらは全て意義あるプロジェクトですが、その承認の理由は、足元のニーズ対応というよりも、即時に着手可能なプロジェクトとしてパイプラインに上がっていた点が大きかったのは間違いないでしょう。

政府による頑張りがあったとしても、これらの支援プログラムには限界があり、民間セクターとの連携を模索することで、更なるレバレッジを得る事が可能となります。民間資金の活用における難点は、プロジェクト開始にかかる時間が長いという事、そして刺激策の一環として初期に手掛けるプロジェクトは、政府の資本負担が少なく、民間セクターのアイデアや専門性を活用し易いPPP方式よりも、設計・施工契約方式に頼るケースが多いという点です。

結論を言えば、過去の財政規律に関係なく、連邦政府が必要に応じて支出を拡大している事は確かであり、これは豪州経済にとって朗報だということです。

今後様々なインプラプロジェクトが走り出す中、政府資金が頭打ちとなる局面で期待されるのが民間セクターとの連携であり、公共投資からの恩恵を最大化し、パンデミック後の社会における新たなニーズに答えるような、革新的なプロジェクトを実行するオポチュニティです。

  • インサイツ
  • インフラストラクチャー
  • オピニオン
  • 実物資産
  • 投資インサイツ
  • 政治
  • 新型コロナウイルス
  • 豪州
  • 非上場
この記事をシェアする
インフラストラクチャー・エクイティ部門パートナー、インフラ・ヘルス担当グローバル・ヘッド、社会&高齢者ケア担当ヘッド ジュリー・アン・ミッチ

インフラに関するメール配信の登録は
こちらからどうぞ。

(以下の項目は全て必須項目です。)

インフラに加えて、以下の配信にも登録が可能です。希望する場合は、チェックをつけてください。

当社のプライバシー・ポリシー では、個人情報の取り扱いとクッキーの利用、ウェブサイトにおけるトラフィックの追跡に関して解説しています。当社による利用は、あなたのブラウザにおけるクッキーと追跡の設定に基づきます。

(上記ボックス2つにチェックを入れ、登録するのボタンを押してください。)

重要事項

この文書に含まれる情報は一般的な情報の提供のみを目的としてAMP Capital Investors Limited(ABN 59 001 777 591, AFSL 232497)(以下「AMPキャピタル」といいます。)が作成したものです。これは現地において適用される法令諸規則や指令に反することとなる地域での配布または使用を意図したものではなく、かつ、特定の投資ファンドまたは投資戦略への投資を推奨、提案または勧誘するものではありません。読者は、この情報を法的な、税務上の、あるいは投資に関する事項の助言と受け取ってはなりません。読者は(この情報を受領した地域を含む)特定の地域において適用される法令諸規則その他の要件に関して、並びにそれらを遵守しなかったことにより生じる結果について、専門家に意見を求め、相談しなければなりません。この文書の作成に当たっては細心の注意を払っていますが、AMPキャピタルあるいはAMPリミテッドのグループ会社は、予測を含むこの文書の中のいかなる記述についても、その正確性または完全性に関して表明又は保証をいたしません。脚注に示される通り、この文書中のいくつかの情報は、当社が信頼できると判断する情報源から取得しており、現在の状況、市場環境および見解に基づいてます。AMPキャピタルが提供した情報を除き、当社はこの情報を独立した立場で検証しておらず、当社はそれが正確または完全であることを保証することはできません。過去の実績は将来の成果の信頼できる指標ではありません。この文書は一般的な情報の提供を目的として作成したものであり、特定の投資家の投資目的、財務状況または投資ニーズを考慮したものではありません。投資家は、投資判断を行う前に、この文書の情報の適切性を考慮し、当該投資家の投資目的、財務状況又は投資ニーズを考慮した助言を専門家に求めなければなりません。この情報は、その全部または一部であるかを問わず、AMPキャピタルの書面による明示の同意なく、いかなる様式によっても、複製、再配布あるいはその他の形式で他の者が入手可能な状態に置いてはなりません。

当ウェブサイトにおけるクッキーとトラッキングについて:当社では、あなたが当ウェブサイト上で行う選択を記憶し、ウェブサイト機能を補助する事を目的として、基本的なクッキーを使用しています。また、あなたに関連性のある商品やサービスの表示や(あなたが同意した場合にのみ)カスタマイズされたマーケティングを行うために、ウェブサイトのトラッキングと分析目的で任意のクッキーも使用しています。当社におけるクッキーの使用とウェブサイト分析に関する詳細は、こちらからご確認いただけます。あなたのブラウザ設定において、クッキーとトラッキング機能の設定を行っている事を確認してください。