経済&マーケット

豪州準備銀行、再び利下げを実施

By シェーン・オリバー博士
インベストメント・ストラテジー&エコノミクス担当ヘッド、チーフ・エコノミスト 豪州、シドニー

豪州準備銀行(RBA)は、本日の会合で0.25%の追加利下げを決定しました。昨年の6月以降、利下げはこれで4回目となります。

今回の利下げ判断は、主にコロナウィルスの世界的な感染拡大を背景とした不透明感を受けたものであり、先週金曜日まではどちらに転ぶか判断に悩むところでした。ここ1か月で軟調な経済指標データが出ている事や、目標水準を下回るインフレ、完全雇用はまだ当分先となる見通しを考えると、RBAは利下げの方向に傾いていたと考えられます。週末の株式市場の大きな下げは、これら要因が更に悪化させるものであり、コロナウィルスの世界経済への影響が表面化した格好です。米連邦準備制度理事会(FRB)を含む他国の中央銀行も緩和へと乗り出しており、これもRBAを利下げに追い込んだ模様です。

本日の利下げにより、豪州の政策金利は過去最低の0.5%となりましたが、金融市場は既にこのシナリオをほぼ織り込み済みであることから、サプライズではありませんでした。ここで気になるのは、今後の対応です。

当社では、政策金利は最終的に0.25%まで引き下げられるという見通しを維持しており、タイミングとしては来月となる可能性が高いとみています。豪州ではこれ以上の利下げ余地はないと考えられることから、RBAが更なるアクションに移るとすれば、それは量的緩和となると予想しています。

より広い観点から言えば、豪州経済の成長を促す方法として、財政刺激を求める声が高まっています。この点において、連邦政府からはやっと期待感の持てるセンチメントが確認されるようになっており、この先目を離さずに注目したい分野です。

結果から言えば、利下げによって、コロナウィルス感染が豪州経済に与える影響を排除することは不可能です。それよりも、RBAやその他中央銀行が目指しているのは、この先行き不透明な局面において経済をサポートし、家庭や事業に債務負担の軽減をもたらすことです。コロナウィルスの感染が収束した後には、これらの政策が景気回復と拡大の支援となるでしょう。

  • オピニオン
  • 投資インサイツ
  • 新型コロナウイルス
  • 経済&マーケット
この記事をシェアする

重要事項

この文書に含まれる情報は一般的な情報の提供のみを目的としてAMP Capital Investors Limited(ABN 59 001 777 591, AFSL 232497)(以下「AMPキャピタル」といいます。)が作成したものです。これは現地において適用される法令諸規則や指令に反することとなる地域での配布または使用を意図したものではなく、かつ、特定の投資ファンドまたは投資戦略への投資を推奨、提案または勧誘するものではありません。読者は、この情報を法的な、税務上の、あるいは投資に関する事項の助言と受け取ってはなりません。読者は(この情報を受領した地域を含む)特定の地域において適用される法令諸規則その他の要件に関して、並びにそれらを遵守しなかったことにより生じる結果について、専門家に意見を求め、相談しなければなりません。この文書の作成に当たっては細心の注意を払っていますが、AMPキャピタルあるいはAMPリミテッドのグループ会社は、予測を含むこの文書の中のいかなる記述についても、その正確性または完全性に関して表明又は保証をいたしません。脚注に示される通り、この文書中のいくつかの情報は、当社が信頼できると判断する情報源から取得しており、現在の状況、市場環境および見解に基づいてます。AMPキャピタルが提供した情報を除き、当社はこの情報を独立した立場で検証しておらず、当社はそれが正確または完全であることを保証することはできません。過去の実績は将来の成果の信頼できる指標ではありません。この文書は一般的な情報の提供を目的として作成したものであり、特定の投資家の投資目的、財務状況または投資ニーズを考慮したものではありません。投資家は、投資判断を行う前に、この文書の情報の適切性を考慮し、当該投資家の投資目的、財務状況又は投資ニーズを考慮した助言を専門家に求めなければなりません。この情報は、その全部または一部であるかを問わず、AMPキャピタルの書面による明示の同意なく、いかなる様式によっても、複製、再配布あるいはその他の形式で他の者が入手可能な状態に置いてはなりません。

当ウェブサイトにおけるクッキーとトラッキングについて:当社では、あなたが当ウェブサイト上で行う選択を記憶し、ウェブサイト機能を補助する事を目的として、基本的なクッキーを使用しています。また、あなたに関連性のある商品やサービスの表示や(あなたが同意した場合にのみ)カスタマイズされたマーケティングを行うために、ウェブサイトのトラッキングと分析目的で任意のクッキーも使用しています。当社におけるクッキーの使用とウェブサイト分析に関する詳細は、こちらからご確認いただけます。あなたのブラウザ設定において、クッキーとトラッキング機能の設定を行っている事を確認してください。