インフラストラクチャー

新型コロナウイルス:インフラへの影響はまちまち

By ジョン・ジュリアン
インフラストラクチャー・エクイティ部門インベストメント・ディレクター 豪州、シドニー

ディフェンシブなポジションを提供するインフラは、現在の様な環境下において、ポートフォリオ組み入れにあたり魅力ある資産クラスであるとAMPキャピタルでは考えています。

新型コロナウイルス感染の莫大なリスクから個々のインフラ資産が影響を受けないという訳ではありませんが、安定したリターン、低いボラティリティ、堅実な長期のインカム利回りといったインフラ・セクターの特徴から、分散の高いインフラ・ポートフォリオは、他の資産クラスの多くと比較して、沈滞局面で打たれ強いと言えるでしょう。

一般的に、インフラ資産は経済や生活に必要不可欠なサービスを提供するものであることから、需要はその他のセクターよりも安定しており、利用・稼働率も景気悪化の影響を受けにくくなっています。従って、他資産クラスよりもボラティリティが低いこれらインフラ資産のリターンはより安定したものとなっています。

 資産クラス別リターンとボラティリティ比較、2019年6月末までの10年間
出所:AMPキャピタル。異なる資産クラスごとに、流動性を含む投資の特徴も異なります。非上場インフラはMSCI Australian Unlisted Infrastructure Index、上場インフラ株式はDow Jones Brookfield Global Infrastructure Net Accumulation Index、グローバル債券はBloomberg Barclays Global Treasury GDP Index、グローバル株式はMSCI World Net Accumulation Index、グローバルREITはFTSE EPRA NAREIT Developed Rental Net、豪州株式はS&P/ASX 200 (franking credit adjusted)、50/50 上場/非上場インフラは、MSCI Australian Unlisted Infrastructure IndexとDow Jones Brookfield Global Infrastructure Net Accumulation Indexがそれぞれ50%のウエイト。データは、豪ドルベース、2009年3月31日から2019年6月30日。ただし、データシリーズが2009年5月に提供開始となったFTSE EPRA NAREIT Developed Rental Net indexについては、2009年5月31日から3019年6月30日。過去の実績は将来の成果の信頼できる指標ではありません。

インフラ収入は、その多くが規制または長期契約に基づいたもので、将来キャッシュフローは予見性と確実性に優れています。

足元の環境下におけるインフラ・ポートフォリオのリスクを評価するにあたっては、組み入れ資産がこれらインフラの一般的な特徴をどの程度有するのかを理解する事が重要です。

インフラ資産を3つのカテゴリーに分けて検証します。

PPP(官民パートナーシップ)

PPPは、道路や病院、学校や公共交通システムといったインフラ・プロジェクトの開発において幅広く活用されています。

これらの多くは「アベイラビリティ・ベース」の資産であり、その収入は、利用/稼働のボリュームにかかわらず、インフラ資産が利用/稼働できる状態にある事を条件に支払われる仕組みとなっており、これら契約先のカウンターパーティは、一般的に信用度の高い政府機関です。これらのコンセッション(運営権)契約は、数十年という長期に渡るものがほとんどであり、景気後退から影響を受けにくくなっています。

規制公益

PPPと同水準の契約に基づくプロテクションはないものの、公益インフラの多くも景気後退からの影響を受けにくくなっています。一般的に、水道や電気に代表される公益インフラは、生活や経済に必要不可欠なサービスを提供するものであり、その需要は経済が後退する局面でも。また、価格設定も規制下にあるため、短期的な経済動向に振り回されることはありません。

その他の経済インフラ

足元の経済環境からマイナスの影響を最も受け易いのは、利用/稼働に基づくボリューム・ベースの収入形態をとる事業です。そのリスクは、事業モデルや新型コロナウイルス感染エリアとの距離の近さ、感染防止策などにより、資産毎に異なります。

各インフラ資産の特徴以外でも注目したいのは、新型コロナウイルス感染拡大をうけて、アセット・マネージャーがどの様な価値保全策やリスク回避措置を取っているかです。AMPキャピタルでは、この新型コロナウイルス関連のリスク管理において、確実な取り組みを積極的に実施しています:

  • 社員や顧客にとって安全な作業環境を確保
  • 財務面の影響を検討し、収入への大きな影響に対する対策を講じる
  • パンデミックや事業継続計画(BCP)に基づく対応策を実施
  • サプライチェーンや在庫への影響を検討し、代替となる取引先の確保など、サプライチェーンの中断に関するリスク回避に取り組む

その他の重要な検討事項として挙げられるのは分散です。これは、不透明感が高まる局面において、ポートフォリオのレベルだけでなく、ポートフォリオに含まれる資産クラス内における分散が極めて重要となります。例えば、運輸インフラのみで構成されるポートフォリオは、利用量などボリュームのリスクが極めて高くなると考えられ、幅広い種類のインフラを組み入れた分散ポートフォリオよりも、リスクが高いと言えます。

最後に、レバレッジの程度、景気動向に対するキャッシュフローの感応度、借入返済やコベナンツ、借り換え、運転資本などの要件を満たすことが出来るのかなど、各インフラ資産における事業のファンダメンタルズも検討する必要があります。

  • インフラストラクチャー
  • エクイティ
  • オピニオン
  • リサーチ
  • 実物資産
  • 投資インサイツ
  • 投資戦略
  • 新型コロナウイルス
  • 非上場
この記事をシェアする
インフラストラクチャー・エクイティ部門インベストメント・ディレクター ジョン・ジュリアン

インフラに関するメール配信の登録は
こちらからどうぞ。

(以下の項目は全て必須項目です。)

インフラに加えて、以下の配信にも登録が可能です。希望する場合は、チェックをつけてください。

当社のプライバシー・ポリシー では、個人情報の取り扱いとクッキーの利用、ウェブサイトにおけるトラフィックの追跡に関して解説しています。当社による利用は、あなたのブラウザにおけるクッキーと追跡の設定に基づきます。

(上記ボックス2つにチェックを入れ、登録するのボタンを押してください。)

重要事項

この文書に含まれる情報は一般的な情報の提供のみを目的としてAMP Capital Investors Limited(ABN 59 001 777 591, AFSL 232497)(以下「AMPキャピタル」といいます。)が作成したものです。これは現地において適用される法令諸規則や指令に反することとなる地域での配布または使用を意図したものではなく、かつ、特定の投資ファンドまたは投資戦略への投資を推奨、提案または勧誘するものではありません。読者は、この情報を法的な、税務上の、あるいは投資に関する事項の助言と受け取ってはなりません。読者は(この情報を受領した地域を含む)特定の地域において適用される法令諸規則その他の要件に関して、並びにそれらを遵守しなかったことにより生じる結果について、専門家に意見を求め、相談しなければなりません。この文書の作成に当たっては細心の注意を払っていますが、AMPキャピタルあるいはAMPリミテッドのグループ会社は、予測を含むこの文書の中のいかなる記述についても、その正確性または完全性に関して表明又は保証をいたしません。脚注に示される通り、この文書中のいくつかの情報は、当社が信頼できると判断する情報源から取得しており、現在の状況、市場環境および見解に基づいてます。AMPキャピタルが提供した情報を除き、当社はこの情報を独立した立場で検証しておらず、当社はそれが正確または完全であることを保証することはできません。過去の実績は将来の成果の信頼できる指標ではありません。この文書は一般的な情報の提供を目的として作成したものであり、特定の投資家の投資目的、財務状況または投資ニーズを考慮したものではありません。投資家は、投資判断を行う前に、この文書の情報の適切性を考慮し、当該投資家の投資目的、財務状況又は投資ニーズを考慮した助言を専門家に求めなければなりません。この情報は、その全部または一部であるかを問わず、AMPキャピタルの書面による明示の同意なく、いかなる様式によっても、複製、再配布あるいはその他の形式で他の者が入手可能な状態に置いてはなりません。

当ウェブサイトにおけるクッキーとトラッキングについて:当社では、あなたが当ウェブサイト上で行う選択を記憶し、ウェブサイト機能を補助する事を目的として、基本的なクッキーを使用しています。また、あなたに関連性のある商品やサービスの表示や(あなたが同意した場合にのみ)カスタマイズされたマーケティングを行うために、ウェブサイトのトラッキングと分析目的で任意のクッキーも使用しています。当社におけるクッキーの使用とウェブサイト分析に関する詳細は、こちらからご確認いただけます。あなたのブラウザ設定において、クッキーとトラッキング機能の設定を行っている事を確認してください。