不動産

リアルアセットの2020年見通し:実物不動産

By AMPキャピタル

豪州の商業用不動産市場では、キャップレートの上昇サイクルが10年目に突入します。一方、金利は過去最低水準にあり、この低金利環境は中期的に継続すると見込まれています。不動産は、未知の領域に入る事になります。この環境を乗り切るには、コア不動産投資の第一の目標である「長期サイクルを通じたボラティリティの低いリターンの獲得」をどの様に実現するのかについて、新しい思考が必要となっています。

AMPキャピタルでは、投資オポチュニティを継続的に評価し、リスク調整後リターンの最大化に向けた投資オプションの提供に取り組んでいきます。豪州商業用不動産をコア資産クラスと位置付ける認識が世界的に広まっていることから、シクリカルなパフォーマンスとリスクプレミアムに対する投資家の期待を上手くコントロールすることが引き続き重要となります。以下では、今後2年間で登場すると予想される主なトレンドをご紹介します:

  • コア定義の拡大:不動産への資金需要が拡大しているものの、サイクルが成熟期に差し掛かる中でコア不動産へのアクセスが難しくなっています。よりディフェンシブ性に優れた不動産デットなど、コア以外のオポチュニティを模索する投資家の動きが確認されています。グローバルトレンドと同様、豪州でもコア不動産の定義が拡大する見通しです。
  • 持続可能性へのフォーカス:ほとんどの主要資産クラスのリターンが過去最低となる中で、商業用不動産から優れたリターンを獲得する賢い方法は、持続可能性の世界的なベストプラクティスに注目することです。欧州を中心として、世界的により多くの資金がこのトレンドに注目すると予想されます。ESG投資は今後5年間でグローバルの主要なテーマとなるでしょう。
  • マルチアセットのアプローチ:変化する消費者ニーズというチャレンジに取り組むために、全ての資産クラスにおいて、開発マネージャーはスキルの向上が求められるでしょう。テクノロジーの進化を受けて顧客ニーズが多様化しており、小売やロジスティクス施設を中心に従来の商業用スペース利用の形が変化しています。
    このトレンドは、全ての伝統的な商業用不動産セクターで進行するでしょう。小売アセットの収入源の拡大・確保を目指す複合開発戦略、柔軟性を持たせたオフィス契約、全テナント向け最先端テクノロジーとエネルギー・ソリューションの提供等は、今市場でおきている変化の一例にすぎません。この流れを受けて、経済面そしてテクノロジー面でのイノベーションに適応するためのオポチュニティが登場することとなり、新しい不動産需要が生まれます。
  • アジアの影響の波:中期的に、インカム利回りとセキュリティを求める世界の投資家は、欧州や米国からアジアへと資金を振り替える見通しです。比較的堅調な経済ファンダメンタルズや人口の増加、都市化の流れを取り込むべく、アジア太平洋市場への資金流入が増加すると予想されます。
  • エクイティ
  • オピニオン
  • リサーチ
  • 不動産
  • 実物資産
  • 投資インサイツ
  • 投資戦略
  • 豪州
  • 非上場
この記事をシェアする

重要事項

この文書に含まれる情報は一般的な情報の提供のみを目的としてAMP Capital Investors Limited(ABN 59 001 777 591, AFSL 232497)(以下「AMPキャピタル」といいます。)が作成したものです。これは現地において適用される法令諸規則や指令に反することとなる地域での配布または使用を意図したものではなく、かつ、特定の投資ファンドまたは投資戦略への投資を推奨、提案または勧誘するものではありません。読者は、この情報を法的な、税務上の、あるいは投資に関する事項の助言と受け取ってはなりません。読者は(この情報を受領した地域を含む)特定の地域において適用される法令諸規則その他の要件に関して、並びにそれらを遵守しなかったことにより生じる結果について、専門家に意見を求め、相談しなければなりません。この文書の作成に当たっては細心の注意を払っていますが、AMPキャピタルあるいはAMPリミテッドのグループ会社は、予測を含むこの文書の中のいかなる記述についても、その正確性または完全性に関して表明又は保証をいたしません。脚注に示される通り、この文書中のいくつかの情報は、当社が信頼できると判断する情報源から取得しており、現在の状況、市場環境および見解に基づいてます。AMPキャピタルが提供した情報を除き、当社はこの情報を独立した立場で検証しておらず、当社はそれが正確または完全であることを保証することはできません。過去の実績は将来の成果の信頼できる指標ではありません。この文書は一般的な情報の提供を目的として作成したものであり、特定の投資家の投資目的、財務状況または投資ニーズを考慮したものではありません。投資家は、投資判断を行う前に、この文書の情報の適切性を考慮し、当該投資家の投資目的、財務状況又は投資ニーズを考慮した助言を専門家に求めなければなりません。この情報は、その全部または一部であるかを問わず、AMPキャピタルの書面による明示の同意なく、いかなる様式によっても、複製、再配布あるいはその他の形式で他の者が入手可能な状態に置いてはなりません。

当ウェブサイトにおけるクッキーとトラッキングについて:当社では、あなたが当ウェブサイト上で行う選択を記憶し、ウェブサイト機能を補助する事を目的として、基本的なクッキーを使用しています。また、あなたに関連性のある商品やサービスの表示や(あなたが同意した場合にのみ)カスタマイズされたマーケティングを行うために、ウェブサイトのトラッキングと分析目的で任意のクッキーも使用しています。当社におけるクッキーの使用とウェブサイト分析に関する詳細は、こちらからご確認いただけます。あなたのブラウザ設定において、クッキーとトラッキング機能の設定を行っている事を確認してください。