インフラストラクチャー

インフラデット:2020年を振り返る

By ジャイルス・グレイ
インフラストラクチャー・デット部門アソシエイト・ディレクター 英国、ロンドン

新型コロナウイルスの様な危機局面において、インフラ投資が魅力的である理由とは?

一般的に、インフラとは社会においてしばしば必要不可欠なサービスを提供する構造物やネットワークを指し、運輸・エネルギー・公益・通信という4つの主なカテゴリーに分類されます。これらカテゴリーは、それぞれ景気循環性の異なる資産、つまりGDPとの相関が異なるキャッシュフローを持つ資産によって構成されています。運輸セクターの資産はコロナ危機から打撃を受けていますが、これは主に外出禁止令や行動制限、外出自粛からの影響によるものです。

これらのカテゴリーの中で、ディフェンシブなポジションの獲得を望む投資家が選好するのは、高い参入障壁、規制環境、予見性に優れたキャッシュフロー、業界内の強靭なポジションといった特性を有するインフラ投資です。これら特性が確認できる投資であれば、市場低迷時における事業への影響が少ない事に対する一定の信頼感を得る事ができます。また、伝統資産である上場株式や債券よりもGDPとの相関性が低いため、インフラへのアロケーションをポートフォリオ加えることで、優れた分散効果を得る事が可能です。この様な特徴から、インフラは近年、魅力的な資産クラスとして注目を集めています。

 

移動制限を背景に運輸セクターが大きな打撃を受けているのに対し、契約や規制環境によって守られている公益セクターは影響を受けにくくなっており、通信セクターはEコマースや在宅勤務の普及を背景とした需要増加の恩恵を受けています。エネルギー・セクターのパフォーマンスはどうでしたか?

運輸、貿易、経済活動が減速したことで、世界のエネルギー需給パターンに著しい影響が及びました。AMPキャピタルでは、一般的に、発電やミッドストリームのサブセクターに注目して投資を行っています。エネルギー・インフラは必要不可欠なものであり、当社では、長期に渡るテイクオアペイ契約や固定価格でのPPA(電力購入契約)に基づく収入源に裏打ちされたインフラ資産への投資を模索します。この様な戦略をとることで、当社の投資先資産では、電力卸価格のボラティリティに対するプロテクションが確保され、コロナ禍においてもまずまずのパフォーマンスとなっています。

エネルギー・セクターでは引き続き、投資妙味に優れるプロジェクトが確認されています。これは主に、再生可能エネルギーへのシフトという長期の構造変化を受けたもので、エネルギー・セクターへのアロケーションは今後もポートフォリオの重要な一部となるでしょう。

 

足元の環境下において、インフラ投資の中でもインフラデットを検討する理由とは?

インフラデットとインフラエクイティの戦略では、景気の影響を受けにくいディフェンシブ性と安定したキャッシュフローなど、類似する特徴を持った資産を投資対象とするケースが多々あります。インフラエクイティ戦略とは異なるインフラデットの特徴は、資本構成のより上位の部分に投資をすることで安定したキャッシュイールドを確保する代わりに、目標リターンが若干低めになる点です。

この理由から、インフラデット投資は、インフラエクイティよりもボラティリティが低い傾向にあり、ポートフォリオにより優れたディフェンシブ性を提供してくれます。世界経済が後退し、企業デフォルトが増加する局面においても一貫したリターンを創出することができるのは、このディフェンシブ性によるものだと考えます。

 

低金利環境によるインフラデット市場への影響とはどの様なものでしょうか?

近年では、プライベートデット市場への投資を模索する機関投資家の数が大幅に増加しています。これら投資家の多くは、非流動性プレミアムの獲得が可能である以外に、その他リスクは債券と類似するプライベートデットを、債券に替わる魅力的な投資先として位置付けています。インフラデット投資においても、この様な非流動性プレミアムの獲得が可能であり、投資先資産の安定性を背景に、優れたリスク調整後リターンが期待できます。

超低金利環境が継続し、国債や社債の利回りが低水準で取引される中で、優れたイールドとリスク調整後リターンを提供するインフラデットは、引き続き魅力的な投資先として注目されるでしょう。

 

世界各国で打ち出されている財政刺激策の目玉としてインフラ投資に注目が集まりそうですが、今後予想される新しいダイナミクスとは?

コロナ禍の打撃から世界経済が回復するとともに、財政刺激プログラムの一環として実施されるインフラプロジェクトは、よりESGフォーカスが高いものとなると予想しています。サステイナビリティ投資のメリットが幅広く認識されるようになっていますが、AMPキャピタルの投資プロセスでも、長年にわたり重要な部分に位置付けられています。これは、ESG要因を検討することで、投資先の長期パフォーマンスや風評に関するリスクやオポチュニティについて、より深い理解が得ることが出来るからです。

これを機に、新しい世代のグリーンインフラに取り組む国も複数登場すると予想しています。例えば、再生可能エネルギーや持続可能な輸送といった分野でのプロジェクトや、従来のプロジェクトでもサステイナブルな設計や建設手法を取り入れているプロジェクトなどです。

  • インフラストラクチャー
  • オピニオン
  • グローバル
  • デット
  • 実物資産
  • 投資インサイツ
  • 投資戦略
  • 新型コロナウイルス
  • 非上場
この記事をシェアする
インフラストラクチャー・デット部門アソシエイト・ディレクター ジャイルス・グレイ

インフラに関するメール配信の登録は
こちらからどうぞ。

(以下の項目は全て必須項目です。)

インフラに加えて、以下の配信にも登録が可能です。希望する場合は、チェックをつけてください。

当社のプライバシー・ポリシー では、個人情報の取り扱いとクッキーの利用、ウェブサイトにおけるトラフィックの追跡に関して解説しています。当社による利用は、あなたのブラウザにおけるクッキーと追跡の設定に基づきます。

(上記ボックス2つにチェックを入れ、登録するのボタンを押してください。)

重要事項

この文書に含まれる情報は一般的な情報の提供のみを目的としてAMP Capital Investors Limited(ABN 59 001 777 591, AFSL 232497)(以下「AMPキャピタル」といいます。)が作成したものです。これは現地において適用される法令諸規則や指令に反することとなる地域での配布または使用を意図したものではなく、かつ、特定の投資ファンドまたは投資戦略への投資を推奨、提案または勧誘するものではありません。読者は、この情報を法的な、税務上の、あるいは投資に関する事項の助言と受け取ってはなりません。読者は(この情報を受領した地域を含む)特定の地域において適用される法令諸規則その他の要件に関して、並びにそれらを遵守しなかったことにより生じる結果について、専門家に意見を求め、相談しなければなりません。この文書の作成に当たっては細心の注意を払っていますが、AMPキャピタルあるいはAMPリミテッドのグループ会社は、予測を含むこの文書の中のいかなる記述についても、その正確性または完全性に関して表明又は保証をいたしません。脚注に示される通り、この文書中のいくつかの情報は、当社が信頼できると判断する情報源から取得しており、現在の状況、市場環境および見解に基づいてます。AMPキャピタルが提供した情報を除き、当社はこの情報を独立した立場で検証しておらず、当社はそれが正確または完全であることを保証することはできません。過去の実績は将来の成果の信頼できる指標ではありません。この文書は一般的な情報の提供を目的として作成したものであり、特定の投資家の投資目的、財務状況または投資ニーズを考慮したものではありません。投資家は、投資判断を行う前に、この文書の情報の適切性を考慮し、当該投資家の投資目的、財務状況又は投資ニーズを考慮した助言を専門家に求めなければなりません。この情報は、その全部または一部であるかを問わず、AMPキャピタルの書面による明示の同意なく、いかなる様式によっても、複製、再配布あるいはその他の形式で他の者が入手可能な状態に置いてはなりません。

当ウェブサイトにおけるクッキーとトラッキングについて:当社では、あなたが当ウェブサイト上で行う選択を記憶し、ウェブサイト機能を補助する事を目的として、基本的なクッキーを使用しています。また、あなたに関連性のある商品やサービスの表示や(あなたが同意した場合にのみ)カスタマイズされたマーケティングを行うために、ウェブサイトのトラッキングと分析目的で任意のクッキーも使用しています。当社におけるクッキーの使用とウェブサイト分析に関する詳細は、こちらからご確認いただけます。あなたのブラウザ設定において、クッキーとトラッキング機能の設定を行っている事を確認してください。