経済&マーケット

コロナ危機を受けた豪州のリセッションの様相は?

By シェーン・オリバー博士
インベストメント・ストラテジー&エコノミクス担当ヘッド、チーフ・エコノミスト 豪州、シドニー

豪州の労働人口の多くは、リセッションを経験したことがありません。1990年代初期における最後のリセッションを覚えている人達にとっては、その記憶がよみがえってくることでしょう。今回のコロナ危機を受けたリセッションは、過去とは様相が異なるものとなる見通しです。

新型コロナウイルス感染の広がりを受けて、連邦政府が豪州国民の衛生安全の確保に動いた結果、経済活動が犠牲となっています。これは正しい選択であり、世界各国でも同様の措置が取られています。

残念なことに、このコロナ危機によって30年近く成長を続けてきた豪州経済は、1991年以来初めての景気後退局面に突入します。1-3月期においてはマイナス成長となる見通しが極めて高く、シャットダウンの影響を受けて4-6月期も10%程度のマイナスが見込まれており、豪州経済は大打撃を受けています。つまり、新型コロナウイルス感染が収束するまでは、豪州経済は相当縮小すると考えられます。

リセッション入りが見込まれるのは、豪州だけではありません。米国や中国といった超大国の経済も、ソーシャルディスタンスや外出禁止措置、生活に必要不可欠ではない通常の活動や事業、サービスの停止からの影響で大きく打撃を受ける見通しで、世界的なリセッション突入の可能性が高いと言えます。

豪州がリセッションに突入するとともに表面化してくるポイントが幾つかあります。最も大きなものとして、雇用市場の厳しさです。失業率は上昇し、転職も困難となる見通しで、人員削減や解雇は今後も増加すると考えてよいでしょう。

これを受けた収入の減少や賃金の低下によって、当事者らの購買力は低下することとなります。仕事をキープしている人々にとっても、不透明感が高まり、将来に不安を抱いたり、収入や雇用を巡る懸念が浮上します。これは、生活必需品以外の出費に対する意欲など、消費動向に影響を及ぼします。

とはいえ、長期目線で投資を考える人にとっては、オポチュニティが提供されている点も忘れてはなりません。

例えば、政策金利は過去最低の0.25%となっており、住宅ローンの返済が楽になります。このコロナ危機からの打撃は豪州住宅市場にも波及しており、シドニーやメルボルンを中心とした市場では、今まで手の届かなかったマイホームの購入が可能となるケースもあるでしょう。

これは株式市場でも同じです。株価下落で荒れている市場ですが、長期投資家にとってはバリュー発掘の良い機会です。

最後に、今回のリセッションがこれまでと異なるのは、バブルとその崩壊がなかった点です。今回の引き金は、強制的なシャットダウンと大規模な事業中断であり、豪州経済のファンダメンタルズとの関係はありません。従って、新型コロナウイルス感染が収束した後には、これまでの景気後退時よりも素早いスピードで正常化するであろうと、私は希望を抱いています。

賃金補助やローン返済の猶予など、連邦政府による金融支援策は、この見通しに対する信頼感を提供するものです。これらは早期から積極的に開始されており、多くの企業や個人を支援しているとともに、新型コロナウイルスが落ち着きを見せた後には、豪州経済の素早い回復を可能とします。

  • インサイツ
  • オピニオン
  • リサーチ
  • 新型コロナウイルス
  • 経済&マーケット
この記事をシェアする
インベストメント・ストラテジー&エコノミクス担当ヘッド、チーフ・エコノミスト シェーン・オリバー

経済&マクロに関するメール配信の登録は
こちらからどうぞ。

(以下の項目は全て必須項目です。)

経済&マーケットに加えて、以下の配信にも登録が可能です。希望する場合は、チェックをつけてください。

当社のプライバシー・ポリシー では、個人情報の取り扱いとクッキーの利用、ウェブサイトにおけるトラフィックの追跡に関して解説しています。当社による利用は、あなたのブラウザにおけるクッキーと追跡の設定に基づきます。

(上記ボックス2つにチェックを入れ、登録するのボタンを押してください。)

重要事項

この文書に含まれる情報は一般的な情報の提供のみを目的としてAMP Capital Investors Limited(ABN 59 001 777 591, AFSL 232497)(以下「AMPキャピタル」といいます。)が作成したものです。これは現地において適用される法令諸規則や指令に反することとなる地域での配布または使用を意図したものではなく、かつ、特定の投資ファンドまたは投資戦略への投資を推奨、提案または勧誘するものではありません。読者は、この情報を法的な、税務上の、あるいは投資に関する事項の助言と受け取ってはなりません。読者は(この情報を受領した地域を含む)特定の地域において適用される法令諸規則その他の要件に関して、並びにそれらを遵守しなかったことにより生じる結果について、専門家に意見を求め、相談しなければなりません。この文書の作成に当たっては細心の注意を払っていますが、AMPキャピタルあるいはAMPリミテッドのグループ会社は、予測を含むこの文書の中のいかなる記述についても、その正確性または完全性に関して表明又は保証をいたしません。脚注に示される通り、この文書中のいくつかの情報は、当社が信頼できると判断する情報源から取得しており、現在の状況、市場環境および見解に基づいてます。AMPキャピタルが提供した情報を除き、当社はこの情報を独立した立場で検証しておらず、当社はそれが正確または完全であることを保証することはできません。過去の実績は将来の成果の信頼できる指標ではありません。この文書は一般的な情報の提供を目的として作成したものであり、特定の投資家の投資目的、財務状況または投資ニーズを考慮したものではありません。投資家は、投資判断を行う前に、この文書の情報の適切性を考慮し、当該投資家の投資目的、財務状況又は投資ニーズを考慮した助言を専門家に求めなければなりません。この情報は、その全部または一部であるかを問わず、AMPキャピタルの書面による明示の同意なく、いかなる様式によっても、複製、再配布あるいはその他の形式で他の者が入手可能な状態に置いてはなりません。

当ウェブサイトにおけるクッキーとトラッキングについて:当社では、あなたが当ウェブサイト上で行う選択を記憶し、ウェブサイト機能を補助する事を目的として、基本的なクッキーを使用しています。また、あなたに関連性のある商品やサービスの表示や(あなたが同意した場合にのみ)カスタマイズされたマーケティングを行うために、ウェブサイトのトラッキングと分析目的で任意のクッキーも使用しています。当社におけるクッキーの使用とウェブサイト分析に関する詳細は、こちらからご確認いただけます。あなたのブラウザ設定において、クッキーとトラッキング機能の設定を行っている事を確認してください。