不動産

コロナ危機の追い風に乗る3つの上場不動産セクター

By ジェームズ・メイデュー
グローバル上場不動産、ヘッド 豪州、シドニー

最近は、前代未聞という言葉をよく耳にするようになりました。新型コロナウイルスという世界的な健康の危機において、前例がどの様な役割を担うのかはさておき、市場の観点からは、私たちは間違いなく未知の領域に入り込んでいます。

上場不動産市場の投資家は、金融危機を乗り越えるだけでなく、ここ数週間でその物理的な特性が劇的に変容している不動産セクターにおいて舵取りが求められています。ロックダウン措置を受けて、スペースの活用方法やその価値が根本的にシフトしています。こういった変化の中には、規制緩和・解除と共に巻き戻しとなるものもあるでしょう。しかしこれらの多くは、コロナ危機によって進行が早まった長期トレンドの一環であり、今後のニューノーマルになるものです。

足元の状況を踏まえ、AMPキャピタルでは、資産評価にあたり上場不動産投資家が注目すべきポイントは3つあると考えます。それは、キャッシュフローの持続可能性、バランスシートの強靭性(特に、流動性へのアクセス)、ニューノーマル時代において事業モデルが生き残れるか、です。

これら3つの視点から、今日の不安定な環境下でも安定した業績が期待できると当社が考えるセクターは、次の通りです。

 

データセンター&通信タワー

クラウド・コンピューティングやIoT(モノのインターネット)の登場、5Gの広まりを受けた自動運転車の普及見通しを背景に、同セクターでは既に長期の追い風が強く吹いています。

世界各地では在宅勤務の大規模なトライアルが行われており、インターネットのトラフィック量は僅か数週間で30%増加、データ需要は急増しています1。多くの企業では、オンラインの協働ツールやビデオ会議システムが事業を支える中核役となり、社会ではズームに代表される新しいアプリケーションが急速に普及しているようです。

勿論、需要は企業からのものだけではありません。教育分野や個人利用も同様に増加しています。この2つに関しては、シャットダウン緩和とともに正常化に向かう可能性が高いものの、企業需要はそうとも限りません。多くの企業は、このコロナ危機を通して事業モデルの見直しを図ると見られ、これまでのオフィススペースが本当に必要なのかを検討し始めるでしょう。リモートワークに対する考え方が大きく変わると考えられる事から、当社ではデータ需要も更に増加すると予想しています。そして、これらのインフラを提供する不動産も、成長が見込まれます。

 

医療用オフィスビル

同セクターは、極めて安定したインカムを長期に渡り創出しています2。需要はニーズに基づくものであり、通常、診察を受けないという選択肢は人々にありません。新型コロナウイルス感染のリスクが高い病院に診察に行くことを嫌がる人は、大勢います。

急を要しない収益性の高い待機的手術の減少から影響を受けているとはいえ3、これらの手術の多くをいつまでも先延ばしにする事はできません。

より長期で見ると、先進国の高齢化が同セクターの支援材料となります。米国のデータによると、65歳以上の人が医療オフィスビルを訪問する頻度は、平均すると45歳以下の人の3倍となっています4

一部では、政府の公共衛生機関が借り上げている医療オフィスビルもあり、信頼性の高いインカム源となっています。

 

ロジスティクス&冷蔵倉庫

これまでも、リセッションに負けないセクターとして紹介してきた冷蔵倉庫ですが、足元のコロナ危機によってこれが証明された格好です。当社では、生活必需品のサプライチェーンも、需要継続からの恩恵を受けると予想しています。

Eコマース関連のロジスティクス物件もまた、大多数の実店舗が閉鎖したことから、プラスの影響を受けます。ロックダウンやソーシャルディスタンスといった措置を背景に、インターネット上での買い物に慣れ始める人が増加するにつれ、長期トレンドであるオンライン小売へのシフトが加速する見通しです。

このトレンドの影響力は、求人動向を見れば明らかです。アマゾンはここ1か月で10万人を新規雇用しており、今後も7.5万人を追加雇用する計画です。豪州では、百貨店大手マイヤーがイースター期間におけるオンライン売上の急増を発表しており5、この需要に対応するために休職中のスタッフ2,000人が職場に復帰しています。

投資家にとって賢い選択とは、この様な需要へのエクスポージャー獲得であるとAMPキャピタルでは考えています。

 

1 世界経済フォーラム、https://www.weforum.org/agenda/2020/04/how-governments-and-mobile-operators-are-easing-network-congestion-during-the-covid-19-crisis/
2 グリーン・ストリート・アドバイザーズ、MOB net operating income and stability figures, March 2020
3 ガーディアン、https://www.theguardian.com/world/2020/mar/25/us-hospitals-coronavirus-pandemic-postpone-elective-surgery-procedures
4 米国勢調査局、Healthcare Reality investor presentation, Healthcare Trust of America investor presentation 2017
5 ビジネス・インサイダー、https://www.businessinsider.com.au/myer-online-sales-rehire-workers-2020-4

Subscribe below to Institutional Edition to receive my latest articles

Head of Global Listed Real Estate
  • オピニオン
  • グローバル
  • リサーチ
  • 上場
  • 不動産
  • 実物資産
  • 投資インサイツ
  • 投資戦略
  • 新型コロナウイルス
  • 株式
  • 物流・ロジスティクス
この記事をシェアする
グローバル上場不動産、ヘッド ジェームズ・メイデュー

上場株式に関するメール配信の登録は
こちらからどうぞ。

(以下の項目は全て必須項目です。)

上場株式に加えて、以下の配信にも登録が可能です。希望する場合は、チェックをつけてください。

当社のプライバシー・ポリシー では、個人情報の取り扱いとクッキーの利用、ウェブサイトにおけるトラフィックの追跡に関して解説しています。当社による利用は、あなたのブラウザにおけるクッキーと追跡の設定に基づきます。

(上記ボックス2つにチェックを入れ、登録するのボタンを押してください。)

重要事項

この文書に含まれる情報は一般的な情報の提供のみを目的としてAMP Capital Investors Limited(ABN 59 001 777 591, AFSL 232497)(以下「AMPキャピタル」といいます。)が作成したものです。これは現地において適用される法令諸規則や指令に反することとなる地域での配布または使用を意図したものではなく、かつ、特定の投資ファンドまたは投資戦略への投資を推奨、提案または勧誘するものではありません。読者は、この情報を法的な、税務上の、あるいは投資に関する事項の助言と受け取ってはなりません。読者は(この情報を受領した地域を含む)特定の地域において適用される法令諸規則その他の要件に関して、並びにそれらを遵守しなかったことにより生じる結果について、専門家に意見を求め、相談しなければなりません。この文書の作成に当たっては細心の注意を払っていますが、AMPキャピタルあるいはAMPリミテッドのグループ会社は、予測を含むこの文書の中のいかなる記述についても、その正確性または完全性に関して表明又は保証をいたしません。脚注に示される通り、この文書中のいくつかの情報は、当社が信頼できると判断する情報源から取得しており、現在の状況、市場環境および見解に基づいてます。AMPキャピタルが提供した情報を除き、当社はこの情報を独立した立場で検証しておらず、当社はそれが正確または完全であることを保証することはできません。過去の実績は将来の成果の信頼できる指標ではありません。この文書は一般的な情報の提供を目的として作成したものであり、特定の投資家の投資目的、財務状況または投資ニーズを考慮したものではありません。投資家は、投資判断を行う前に、この文書の情報の適切性を考慮し、当該投資家の投資目的、財務状況又は投資ニーズを考慮した助言を専門家に求めなければなりません。この情報は、その全部または一部であるかを問わず、AMPキャピタルの書面による明示の同意なく、いかなる様式によっても、複製、再配布あるいはその他の形式で他の者が入手可能な状態に置いてはなりません。

当ウェブサイトにおけるクッキーとトラッキングについて:当社では、あなたが当ウェブサイト上で行う選択を記憶し、ウェブサイト機能を補助する事を目的として、基本的なクッキーを使用しています。また、あなたに関連性のある商品やサービスの表示や(あなたが同意した場合にのみ)カスタマイズされたマーケティングを行うために、ウェブサイトのトラッキングと分析目的で任意のクッキーも使用しています。当社におけるクッキーの使用とウェブサイト分析に関する詳細は、こちらからご確認いただけます。あなたのブラウザ設定において、クッキーとトラッキング機能の設定を行っている事を確認してください。