環境・社会・ガバナンス(ESG)

気候変動の最大のリスク:海面上昇よりも喫緊の問題

By エミリー・ウッドランド
上場株式、サステイナブル投資共同ヘッド 香港

気候変動リスクとしてよく知られるのは海面水位の上昇ですが、実際のところ、洪水よりも差し迫った脅威は水不足だといえます。

経済協力開発機構(OECD)による1と、気候変動の影響は、水資源の変化を通じて現れることになります。水供給の減少にどう対応していくのかは、今後数十年にわたり地政学情勢の焦点となるでしょう。

国連食糧農業機関(FAO)が指摘する2のは、ヒマラヤの氷河の消失です。この融解水が流れ込む河川は、数十億人という幅広いアジア人々の水資源となっています。また、サブサハラアフリカ地域の7,500万ヘクタールに及ぶ耕作地も消滅の危機に直面しているといいます。これらは気候変動が私たちの水資源に与える影響の僅かな例にすぎません。

世界では、10人に4人が水問題に苦しんでおり、下痢によって年間220万人が死亡しています3

最も乾燥した有人大陸である豪州でも水不足が問題となっており、過疎地を中心に、多くの人々が水の節約に取り組んでいます。

自宅の植物の水やりのためにシャワーにバケツを置いたり、歯磨き中に水道を止めたり、水不足という重大な問題を解決するには役不足で意味のない行動のように思えるかもしれません。しかし、問題解決に取り組もうとするその姿勢を投資に置き換えたならば、地球そしてポートフォリオに莫大なプラスの効果をもたらす事ができるかもしれません。

起こすべき行動

企業活動における水リスクの完全なる開示だけでなく、水使用の割合が最も大きいサプライチェーン4における開示を要求することが重要です。これらは、企業におけるサステイナビリティ開示制度の一環として自主開示される場合もあれば、気候変動など環境分野に取り組むカーボン・ディスクロージャー・プロジェクト(CDP)が取り纏めている水リスクに対する企業エクスポージャーのレポートなどを参照することができます。

水関連の事業にかかわる企業で構成される指数も複数開発されています。これらには、S&Pグローバル・ウォーター・インデックス5のように水関連株を幅広くとりまとめたものや、ナスダックOMX米国ウォーター・インデックス6の様にサステイナビリティ基準に焦点を当てたものなどがあります。

この様なツールが提供されているにも関わらず、最近のデータからは、投資家による持続可能な水資源に関するイニシアチブは進んでいないことが明らかになっています7。これは懸念すべき点です。気候変動を受けて海面水位が上昇するのは今後数十年、数百年後になるとみられるものの、人々を死に至らせるリスクをはらんだ安全な水資源の減少は、まさに今起きている問題なのです。

とはいえ、市場は資源不足を大きな問題としてとらえており、私たちの多くが実際に水不足という現実に直面するでしょう。私たちは、投資判断を通じて、この問題に取り組む事が可能なポジションにいるのです。

 

1. Water and climate change adaptation、OECD(2013年)
2. Climate change, water and food security、国連食糧農業機関
3. 10 facts on climate change and health、世界保健機関(WHO)
4. Larson W.、Freedman P.、Passinsky, V.、Grubb E.、Adriaens P.(2012年)、Mitigating corporate water risk: Financial market tools and supply management strategies、Water Alternatives 5(3): 582-602
5. S&Pグローバル・ウォーター・インデックス(2019年11月)、S&Pダウ・ジョーンズ・インディシーズ
6. ナスダックOMXグローバル・ウォーター・インデックス(2019年11月)、ナスダック・グローバル・インデックス
7. Hogeboom R.、Kamphuis I.、Hoekstra A.(2018年)、Water sustainability of investors: Development and application of an assessment framework、Journal of Cleaner Production、202 (2018) 642-648

  • オピニオン
  • 環境・社会・ガバナンス(ESG)
  • 責任投資
Share this article

重要事項

この文書に含まれる情報は一般的な情報の提供のみを目的としてAMP Capital Investors Limited(ABN 59 001 777 591, AFSL 232497)(以下「AMPキャピタル」といいます。)が作成したものです。これは現地において適用される法令諸規則や指令に反することとなる地域での配布または使用を意図したものではなく、かつ、特定の投資ファンドまたは投資戦略への投資を推奨、提案または勧誘するものではありません。読者は、この情報を法的な、税務上の、あるいは投資に関する事項の助言と受け取ってはなりません。読者は(この情報を受領した地域を含む)特定の地域において適用される法令諸規則その他の要件に関して、並びにそれらを遵守しなかったことにより生じる結果について、専門家に意見を求め、相談しなければなりません。この文書の作成に当たっては細心の注意を払っていますが、AMPキャピタルあるいはAMPリミテッドのグループ会社は、予測を含むこの文書の中のいかなる記述についても、その正確性または完全性に関して表明又は保証をいたしません。脚注に示される通り、この文書中のいくつかの情報は、当社が信頼できると判断する情報源から取得しており、現在の状況、市場環境および見解に基づいてます。AMPキャピタルが提供した情報を除き、当社はこの情報を独立した立場で検証しておらず、当社はそれが正確または完全であることを保証することはできません。過去の実績は将来の成果の信頼できる指標ではありません。この文書は一般的な情報の提供を目的として作成したものであり、特定の投資家の投資目的、財務状況または投資ニーズを考慮したものではありません。投資家は、投資判断を行う前に、この文書の情報の適切性を考慮し、当該投資家の投資目的、財務状況又は投資ニーズを考慮した助言を専門家に求めなければなりません。この情報は、その全部または一部であるかを問わず、AMPキャピタルの書面による明示の同意なく、いかなる様式によっても、複製、再配布あるいはその他の形式で他の者が入手可能な状態に置いてはなりません。

当ウェブサイトにおけるクッキーとトラッキングについて:当社では、あなたが当ウェブサイト上で行う選択を記憶し、ウェブサイト機能を補助する事を目的として、基本的なクッキーを使用しています。また、あなたに関連性のある商品やサービスの表示や(あなたが同意した場合にのみ)カスタマイズされたマーケティングを行うために、ウェブサイトのトラッキングと分析目的で任意のクッキーも使用しています。当社におけるクッキーの使用とウェブサイト分析に関する詳細は、こちらからご確認いただけます。あなたのブラウザ設定において、クッキーとトラッキング機能の設定を行っている事を確認してください。