経済&マーケット

豪州連邦総選挙:与党保守連合が政権維持、豪州経済への影響とは?

By ディアナ・ムシーナ
インベストメント・ストラテジー&ダイナミック・マーケッツ、シニア・エコノミスト 豪州、シドニー

5月18日に投票が行われた豪州連邦総選挙では、与党保守連合(自由党・国民党)が勝利を収めました。豪州経済への影響という観点から見ると、これまで通り、特に大きな変化はないと考えられます。

AMPキャピタルのシニア・エコノミスト、ディアナ・ムッシーナによると、与党保守連合の短期的な注目点は、今年度予算の焦点ともなった中・低所得層向け所得税減税です。この減税効果は、GDPの約0.5%相当に値します。

「この減税措置は消費に寄与しますが、世帯刺激策の効果という観点からは、住宅価格下落分を補うまでには至らないと見込まれます。」

与党保守連合はインフラ支出への取り組みを引き続き強化すると見られており、今後も多様なプロジェクトの発表が継続する見通しです。しかし、この取り組みは今年年末にかけてピークに達すると見られており、「年末から来年に向けて、インフラ関連の雇用が軟化する可能性がある。」とムッシーナは指摘します。

初マイホーム購入者も、恩恵が期待できるでしょう。与党保守連合は、手付金5%しかない購入者に対する支援を示唆しています。これにより、初マイホーム購入者は貸手抵当保険(LMI)に加入することなく住宅ローンを組むことが可能となりますが、一方で、少額な手付金の貸付や融資基準に関連する潜在的リスクを生む可能性があります。

全体的に見て、豪州経済の見通しは比較的抑制されたものとなるであろうと、ムッシーナはコメントしています。「消費の弱含みを受けて、今後2年間のGDP成長見通しは2.0~2.5%程度にとどまると予想しており、インフレもまた2%水準で横ばいが継続する見通しです。」

この結果、豪州準備銀行(RBA)は今年中に2回利下げを実施し、政策金利は年末までに1%へと引き下げられると予測されています。

財政政策の観点からは、与党保守連合は今任期中に黒字化を達成すると見られています。今年度連邦予算に概要が盛り込まれた新税率の導入は5年先となる可能性が高く、中・高所得世帯を対象とした大規模な変更が含まれます。これは、ブラケット・クリープ問題対応に寄与するでしょう。

金利と為替市場への影響は限定的だと指摘するのは、グローバル債券部門マクロ・マーケッツ担当シニア・ポートフォリオ・マネージャーのアンドリュー・スコットです。豪州経済を大局的にみると、連邦総選挙よりも重要な課題が存在するからです。

「市場の注目点は、引き続き貿易や失業率となるでしょう。とはいえ、今回の連邦総選挙の影響は少なからず存在します。例えば、金利や為替相場の動きです。」

野党労働党は低賃金労働者の賃金に関する積極的な介入を提案していましたが、与党保守連合の勝利を受けて、実現の可能性はゼロになっています。この点については、金利の観点から2つの見方があると言えます。

「RBAは長期に渡って賃上げを目指しています。賃金上昇は失業率の低下に寄与したことでしょう。しかし、足元で重要なのは失業率です。当社では利下げ見通しを維持していますが、賃金をめぐる不透明感が若干排除された今、RBAの次なる動きが問われています。全体でみると、豪州経済に影響を及ぼしているその他要因にかかわらず、与党保守連合の勝利は豪ドルをサポートするものです。

スコットが指摘するのは、今年度の連邦予算案に盛り込まれた減税が実施されるまでの間には複数回の選挙が行われる点です。従って、経済状況見通しを予測するのは困難です。

「これら減税実施が極めて先であることからも、市場はの注目は、金利や通貨市場を動かす短期的なイベントに集まっています。」

  • Tax
  • オピニオン
  • 投資インサイツ
  • 政治
  • 経済&マーケット

重要事項

この文書に含まれる情報は一般的な情報の提供のみを目的としてAMP Capital Investors Limited(ABN 59 001 777 591, AFSL 232497)(以下「AMPキャピタル」といいます。)が作成したものです。これは現地において適用される法令諸規則や指令に反することとなる地域での配布または使用を意図したものではなく、かつ、特定の投資ファンドまたは投資戦略への投資を推奨、提案または勧誘するものではありません。読者は、この情報を法的な、税務上の、あるいは投資に関する事項の助言と受け取ってはなりません。読者は(この情報を受領した地域を含む)特定の地域において適用される法令諸規則その他の要件に関して、並びにそれらを遵守しなかったことにより生じる結果について、専門家に意見を求め、相談しなければなりません。この文書の作成に当たっては細心の注意を払っていますが、AMPキャピタルあるいはAMPリミテッドのグループ会社は、予測を含むこの文書の中のいかなる記述についても、その正確性または完全性に関して表明又は保証をいたしません。脚注に示される通り、この文書中のいくつかの情報は、当社が信頼できると判断する情報源から取得しており、現在の状況、市場環境および見解に基づいてます。AMPキャピタルが提供した情報を除き、当社はこの情報を独立した立場で検証しておらず、当社はそれが正確または完全であることを保証することはできません。過去の実績は将来の成果の信頼できる指標ではありません。この文書は一般的な情報の提供を目的として作成したものであり、特定の投資家の投資目的、財務状況または投資ニーズを考慮したものではありません。投資家は、投資判断を行う前に、この文書の情報の適切性を考慮し、当該投資家の投資目的、財務状況又は投資ニーズを考慮した助言を専門家に求めなければなりません。この情報は、その全部または一部であるかを問わず、AMPキャピタルの書面による明示の同意なく、いかなる様式によっても、複製、再配布あるいはその他の形式で他の者が入手可能な状態に置いてはなりません。

当ウェブサイトにおけるクッキーとトラッキングについて:当社では、あなたが当ウェブサイト上で行う選択を記憶し、ウェブサイト機能を補助する事を目的として、基本的なクッキーを使用しています。また、あなたに関連性のある商品やサービスの表示や(あなたが同意した場合にのみ)カスタマイズされたマーケティングを行うために、ウェブサイトのトラッキングと分析目的で任意のクッキーも使用しています。当社におけるクッキーの使用とウェブサイト分析に関する詳細は、こちらからご確認いただけます。あなたのブラウザ設定において、クッキーとトラッキング機能の設定を行っている事を確認してください。