オピニオン

グローバル株式市場の見方

By AMPキャピタル

2018年、軟調な一年を終えたグローバル株式市場ですが、2019年は投資家の期待に応える事ができるのでしょうか。

経済見通し

主要市場の中では欧州が短期的に弱含む見通しです、と語るのはシニア・エコノミストのディアナ・ムジーナです。イタリアはリセッション入りしており、ドイツも景気後退直前まで来ています。ドイツに関しては、新たな排出ガス計測方法を受けた自動車輸出の減少がマイナスに寄与しています。

一方、米国の成長は安定化に向かっているものの、年後半は減速すると予想されます。信頼感データはまちまちの内容ですが、底打ちした可能性が高いと考えます。これは、減税の効果が経済にまだ浸透しきれていない事が理由です。

全体的に見て、米国経済は軟調であるものの、悪化してはいません。インフレの上昇が確認されていないことからも、短期的なリセッションのリスクは極めて低いと考えてよいでしょう。

日本の見通し

グローバル上場不動産ポートフォリオ・マネージャーの市井秀治によると、労働市場はタイト化しており、複数の選挙が重なる選挙イヤーであることからも、政府は景気刺激策に意欲的になっています。

国内景気は良好であるものの、米国の金融政策といった外部要因が冷や水となる可能性があり、日本は強弱入り混じる状況にあります。

興味深いのは、人口減少が需給バランスに影響を及ぼすと懸念の声が上がっている一方で、高齢化が需要を押し上げる恰好で、これに対抗している点です。

トレンド主導の成長

グローバル市場における構造的なトレンドの中でも、新興市場における富の増大が主要な力学だと語るのは、株式シニア・インベストメント・スペシャリストのクサル・ミーメドゥーマです。

ミリオネア人口は2023年までに1,300万人の増加が見込まれており、これは中国や中東等における富の成長があるからこそだと指摘しています。従って、注目しているテーマのひとつは、マージンが厚く、需要が供給を上回ると見込まれる高級ブランドへの投資機会です。

成長を後押ししているもう一つの構造的トレンドは、動物/ペットの健康です。自分のペットに関して金は問題ではないと考えている飼い主は33%に上るとの調査結果も出ていることからも、ペットケア関連企業は成長軌道に乗っていると見ています。

インフラの投資機会

インフラへの投資機会を考える上で、ディフェンシブ性を備えた上場インフラ資産の価値上昇は同セクターにとってプラスであると見ているのは、グローバル上場インフラストラクチャーのポートフォリオ・マネージャーであるジョセフ・ティトマスです。

連邦準備理事会(FRB)の金利動向といったリスクを注視すると同時に、弱含む経済成長やインフレ見通しを背景に短期的には慎重な見方とするものの、長期的なリターン見通しは楽観的に見ています。

ESGの検討事項

サステイナブル・ファンズを担当する共同ヘッドのエミリー・ウッドランドによると、サステイナビリティ課題に関する企業責任を追及する動きが世界各地で高まっており、これが有形そして無形の資産価値に反映されています。

山火事やハリケーン、干ばつ、洪水といった自然災害の多発を受けて、物理的な影響も出ていることから、気候変動をめぐっては切迫感が高まっています。

投資家も、このリスクに注目し、行動に乗り出しています。例えば、国連責任投資原則(UNPRI)の署名機関は、気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)ガイドラインに沿った回答が義務化されています1

この他、グローバル投資家にとって主要なESGテーマには、プラスチックを中心とした廃棄物処理、水の安全性、動物保護や人権などがあります。

 

投資市場を冷やしたボラティリティは継続すると見込まれるものの、米中貿易摩擦やブレグジットが落ち着きを見せた後には、より力強い世界経済成長の兆しが確認できるでしょう。

 

1 UNPRI、TCFD-based reporting to become mandatory for PRI signatories in 2020、2019年2月

  • Infrastructure
  • インサイツ
  • オピニオン
  • 上場
  • 投資インサイツ
  • 投資戦略
  • 環境・社会・ガバナンス(ESG)
  • 経済&マーケット

重要事項

この文書に含まれる情報は一般的な情報の提供のみを目的としてAMP Capital Investors Limited(ABN 59 001 777 591, AFSL 232497)(以下「AMPキャピタル」といいます。)が作成したものです。これは現地において適用される法令諸規則や指令に反することとなる地域での配布または使用を意図したものではなく、かつ、特定の投資ファンドまたは投資戦略への投資を推奨、提案または勧誘するものではありません。読者は、この情報を法的な、税務上の、あるいは投資に関する事項の助言と受け取ってはなりません。読者は(この情報を受領した地域を含む)特定の地域において適用される法令諸規則その他の要件に関して、並びにそれらを遵守しなかったことにより生じる結果について、専門家に意見を求め、相談しなければなりません。この文書の作成に当たっては細心の注意を払っていますが、AMPキャピタルあるいはAMPリミテッドのグループ会社は、予測を含むこの文書の中のいかなる記述についても、その正確性または完全性に関して表明又は保証をいたしません。脚注に示される通り、この文書中のいくつかの情報は、当社が信頼できると判断する情報源から取得しており、現在の状況、市場環境および見解に基づいてます。AMPキャピタルが提供した情報を除き、当社はこの情報を独立した立場で検証しておらず、当社はそれが正確または完全であることを保証することはできません。過去の実績は将来の成果の信頼できる指標ではありません。この文書は一般的な情報の提供を目的として作成したものであり、特定の投資家の投資目的、財務状況または投資ニーズを考慮したものではありません。投資家は、投資判断を行う前に、この文書の情報の適切性を考慮し、当該投資家の投資目的、財務状況又は投資ニーズを考慮した助言を専門家に求めなければなりません。この情報は、その全部または一部であるかを問わず、AMPキャピタルの書面による明示の同意なく、いかなる様式によっても、複製、再配布あるいはその他の形式で他の者が入手可能な状態に置いてはなりません。

当ウェブサイトにおけるクッキーとトラッキングについて:当社では、あなたが当ウェブサイト上で行う選択を記憶し、ウェブサイト機能を補助する事を目的として、基本的なクッキーを使用しています。また、あなたに関連性のある商品やサービスの表示や(あなたが同意した場合にのみ)カスタマイズされたマーケティングを行うために、ウェブサイトのトラッキングと分析目的で任意のクッキーも使用しています。当社におけるクッキーの使用とウェブサイト分析に関する詳細は、こちらからご確認いただけます。あなたのブラウザ設定において、クッキーとトラッキング機能の設定を行っている事を確認してください。