経済&マーケット

リセッション・リスクを解説

By シェーン・オリバー博士
インベストメント・ストラテジー&エコノミクス担当ヘッド、チーフ・エコノミスト 豪州、シドニー

足元では、豪州経済の減速、景気後退の可能性について注目が集まっています。

先週発表となった2018年10-12月期のGDP統計からは、成長の鈍化が確認され、懸念が高まりました。

2018年10-12月期のGDP成長は、前月比+0.2%、前年同期比+2.3%と僅かな伸びに留まり、市場予想、そして豪州準備銀行(RBA)の見通しである2.75%を下回る結果となっています。

「一人当たりGDP成長率」の後退

豪州の一人当たりGDPは、2018年の7-9月期に-0.1%、10-12月期に-0.2%と、2四半期連続でマイナスを記録しています。2006年以降で初めて、この「一人当たりGDP成長率の後退」を記録したことも、懸念が高まった要因です。

では、実際にリセッション入りの可能性はあるのでしょうか?

 

4つの懸念要因

豪州経済を取り巻く懸念要因は、大きく4つ存在します。

1. 住宅建設の低迷:

リセッション懸念の多くは、住宅市場の軟化に関連しています。これまでのブームから一転、住宅建設は、前年比-30%という建設許可件数の減少と足並みを揃える恰好で、今後1年程度にわたり減少を続けると予想されます。住宅建設は大きな雇用を生み出すことからも、この減速は経済の重石となります。

2. 住宅価格下落を受けた逆資産効果

住宅価格は昨年から下落を継続しており、いわゆる逆資産効果によって、消費が冷え込んでいます。住宅価格が上昇する局面では、資産価値の上昇を受けて消費が増え、賃金上昇がなくとも気にならないため、貯蓄に手を付けてしまう、という訳です。

しかし、住宅価格が下落する局面においては、失った資産を補うために貯蓄を増やしたいと考えるため、消費が減少します。新車販売の軟化や一般消費財の一部では、この逆資産効果が確認され始めています。

3. 銀行貸出の減少

中小企業を中心として銀行による貸出が減少している点も、経済成長の足枷となる可能性があります。

4. 干ばつの影響

豪州の南東部では、幅広いエリアが干ばつに見舞われており、これが経済に悪影響を及ぼしています。

これら4つの要因は、豪州経済にとって大きなリスクです。全てを合わせて考えた場合、1.5-2.0%相当の経済成長が失われている可能性があります。

 

豪州経済のサポート要因

一方で、豪州経済のサポート要因も幾つか存在します。

  • 公共インフラ支出は堅調
  • ここ5年で経済成長の重石となってきた資源投資の軟化は、底打ちしつつある
  • 非資源投資拡大の兆しが確認されている
  • 中国経済そして世界経済は今年後半には回復する見通しで、これが豪州経済の支援材料となる

そして、豪州には金融刺激策の余地が残されています。これは、4月に発表を控えている連邦予算案からも、減税や支出といった形で確認することが出来るでしょう。

また、RBAにも利下げの余地が残されています。当社では、年末までに、現在の1.5%から1.0%への利下げを見込んでいます。この利下げ効果の浸透が、住宅ローン世帯の支援となるでしょう。

 

成長は限定的となるも、リセッション入りはない

全体的に見て、豪州経済の成長とそのスピードは抑制されたものとなる見通しです。

つまり、インフレ上昇にはより時間がかかるという事になり、失業率が上昇すると予想されます。

成長の軟化、そしてRBAによる利下げは、豪ドルの足枷となり、対米ドルでは70セントを下回る可能性もあります。

豪州株も、経済成長の減速から影響を受けると見込まれます。

しかし、失業率の上昇を受けた住宅ローンのデフォルトや強制売却など、リスクが存在する一方で、豪州が深刻なリセッション入りする可能性は低いと考えられます。

  • インサイツ
  • オピニオン
  • 経済アップデート
  • 経済&マーケット

重要事項

この文書に含まれる情報は一般的な情報の提供のみを目的としてAMP Capital Investors Limited(ABN 59 001 777 591, AFSL 232497)(以下「AMPキャピタル」といいます。)が作成したものです。これは現地において適用される法令諸規則や指令に反することとなる地域での配布または使用を意図したものではなく、かつ、特定の投資ファンドまたは投資戦略への投資を推奨、提案または勧誘するものではありません。読者は、この情報を法的な、税務上の、あるいは投資に関する事項の助言と受け取ってはなりません。読者は(この情報を受領した地域を含む)特定の地域において適用される法令諸規則その他の要件に関して、並びにそれらを遵守しなかったことにより生じる結果について、専門家に意見を求め、相談しなければなりません。この文書の作成に当たっては細心の注意を払っていますが、AMPキャピタルあるいはAMPリミテッドのグループ会社は、予測を含むこの文書の中のいかなる記述についても、その正確性または完全性に関して表明又は保証をいたしません。脚注に示される通り、この文書中のいくつかの情報は、当社が信頼できると判断する情報源から取得しており、現在の状況、市場環境および見解に基づいてます。AMPキャピタルが提供した情報を除き、当社はこの情報を独立した立場で検証しておらず、当社はそれが正確または完全であることを保証することはできません。過去の実績は将来の成果の信頼できる指標ではありません。この文書は一般的な情報の提供を目的として作成したものであり、特定の投資家の投資目的、財務状況または投資ニーズを考慮したものではありません。投資家は、投資判断を行う前に、この文書の情報の適切性を考慮し、当該投資家の投資目的、財務状況又は投資ニーズを考慮した助言を専門家に求めなければなりません。この情報は、その全部または一部であるかを問わず、AMPキャピタルの書面による明示の同意なく、いかなる様式によっても、複製、再配布あるいはその他の形式で他の者が入手可能な状態に置いてはなりません。

当ウェブサイトにおけるクッキーとトラッキングについて:当社では、あなたが当ウェブサイト上で行う選択を記憶し、ウェブサイト機能を補助する事を目的として、基本的なクッキーを使用しています。また、あなたに関連性のある商品やサービスの表示や(あなたが同意した場合にのみ)カスタマイズされたマーケティングを行うために、ウェブサイトのトラッキングと分析目的で任意のクッキーも使用しています。当社におけるクッキーの使用とウェブサイト分析に関する詳細は、こちらからご確認いただけます。あなたのブラウザ設定において、クッキーとトラッキング機能の設定を行っている事を確認してください。