不動産

グローバル上場不動産の投資オポチュニティ:ワシントンDCのオフィス市場

By ジェームズ・メイデュー
グローバル上場不動産ヘッド 豪州、シドニー

フェイスブック、アップル、アマゾン、ネットフリックス、グーグルに代表される巨大テクノロジー企業の台頭によって、バーチャルの世界だけでなく、実物資産の世界でも大きなパラダイム・シフトが起きています。

これらのIT巨人の登場を受けて、米国全国で不動産価格が上昇しています。不動産市場に対するアマゾンの影響力は、同社がニューヨークのクイーンズにおける第2本社建設撤回のニュースからも明らかです。

当初の計画は、ニューヨーク市が30億米ドル規模の助成金や税優遇処置を提供する代わりに、アマゾンが2万5千人の雇用を創出するというものでした。しかし、地元の政治家や住民らによる反対の動きを受けて、アマゾンは同計画を取りやめています。

メディアであまり取り上げられなかったのは、そもそもアマゾンは、当初から、第二本社の一部のみをニューヨークに設け、残りはワシントンDC近郊のバージニア州北部に配置する計画だったという点です1

では、巨大テック企業の移転によって、地元の不動産市場にはどの様な影響があるのでしょうか?

米国有数のIT産業都市とも言えるシアトルでは、テクノロジー企業が占めるオフィススペースは約280万平方フィートに達します。アマゾンもこのシアトルで誕生したわけですが、すでに必要なスペースが確保できなくなっています。アマゾンは合計約410万平方フィート規模のスペースが必要となると見込んでおり、これは約25億米ドル規模の不動産投資に匹敵します。更には、18億米ドル規模のインフラ投資や政府による教育投資も見込まれています2

IT企業によるシアトル進出
出所:JBGS、AMPキャピタル、2019年1月、イーストディル、2018年12月

オフィススペースやインフラを必要とするのは、アマゾン本社だけでなく、アマゾンのサテライト企業も同じです。

推定によると、アマゾンの従業員数は、2010から2018年にかけて、6千人から4万5千人へと増加しています3。このアマゾンの伸びを除いても、シアトルでは過去平均を16万9千件上回る雇用が創出されているのです。

賃料成長率も、IT都市で大幅に高くなっています4。シアトル、サンフランシスコのベイエリア、テキサス州オースティンでは、2010年以降オフィス賃料が5%超のペースで伸びており、これはニューヨークやシカゴの伸びを大きく上回っています。

アマゾン第二本社一部の建設が予定されているワシントンDCでは、まだオフィス賃料の急激な上昇は確認されていません。実際の所、従来の市場やメジャーなIT市場よりも絶対値ベースで低くなっています。

アマゾンが移転し、更なる拡大を続けるとすれば、ワシントンDCはテクノロジー産業の中核都市へと発展するでしょう。これは、長期の高成長を維持するため必要なインフラ開発を促すものであり、経験豊富な投資家にとって魅力的な投資機会を提供するものです。

 

ワシントンDCのオフィス市場への投資機会は、AMPキャピタルの上場不動産戦略を通じてアクセスが可能です。詳細は、こちらからどうぞ。

 

1. アマゾン、「Amazon selects New York City and Northern Virginia for new headquarters」、2018年11月
2. JBGスミス、「Amazon HQ at National Landing update」、2018年12月
3. BLS、イーストディル、2018年12月
4. JLLリサーチ、2018年12月

  • 上場
  • 不動産
  • 分散
  • 投資戦略
  • 株式

重要事項

この文書に含まれる情報は一般的な情報の提供のみを目的としてAMP Capital Investors Limited(ABN 59 001 777 591, AFSL 232497)(以下「AMPキャピタル」といいます。)が作成したものです。これは現地において適用される法令諸規則や指令に反することとなる地域での配布または使用を意図したものではなく、かつ、特定の投資ファンドまたは投資戦略への投資を推奨、提案または勧誘するものではありません。読者は、この情報を法的な、税務上の、あるいは投資に関する事項の助言と受け取ってはなりません。読者は(この情報を受領した地域を含む)特定の地域において適用される法令諸規則その他の要件に関して、並びにそれらを遵守しなかったことにより生じる結果について、専門家に意見を求め、相談しなければなりません。この文書の作成に当たっては細心の注意を払っていますが、AMPキャピタルあるいはAMPリミテッドのグループ会社は、予測を含むこの文書の中のいかなる記述についても、その正確性または完全性に関して表明又は保証をいたしません。脚注に示される通り、この文書中のいくつかの情報は、当社が信頼できると判断する情報源から取得しており、現在の状況、市場環境および見解に基づいてます。AMPキャピタルが提供した情報を除き、当社はこの情報を独立した立場で検証しておらず、当社はそれが正確または完全であることを保証することはできません。過去の実績は将来の成果の信頼できる指標ではありません。この文書は一般的な情報の提供を目的として作成したものであり、特定の投資家の投資目的、財務状況または投資ニーズを考慮したものではありません。投資家は、投資判断を行う前に、この文書の情報の適切性を考慮し、当該投資家の投資目的、財務状況又は投資ニーズを考慮した助言を専門家に求めなければなりません。この情報は、その全部または一部であるかを問わず、AMPキャピタルの書面による明示の同意なく、いかなる様式によっても、複製、再配布あるいはその他の形式で他の者が入手可能な状態に置いてはなりません。

当ウェブサイトにおけるクッキーとトラッキングについて:当社では、あなたが当ウェブサイト上で行う選択を記憶し、ウェブサイト機能を補助する事を目的として、基本的なクッキーを使用しています。また、あなたに関連性のある商品やサービスの表示や(あなたが同意した場合にのみ)カスタマイズされたマーケティングを行うために、ウェブサイトのトラッキングと分析目的で任意のクッキーも使用しています。当社におけるクッキーの使用とウェブサイト分析に関する詳細は、こちらからご確認いただけます。あなたのブラウザ設定において、クッキーとトラッキング機能の設定を行っている事を確認してください。