環境・社会・ガバナンス(ESG)

フルチャージ:EVの未来

By カリン・ハリデー
ESG部門コーポレート・ガバナンス担当シニア・マネージャー 豪州、シドニー

フォーミュラワン(F1世界選手権)に観客が湧く一方で、クリーンエネルギー技術や電気自動車(EV)の祭典「フリー・チャージド・ライブ」が英国シルバーストーン・サーキットで開催されました。このイベントでは、英国で販売されている全ての電子自動車が披露されるとともに、再生可能エネルギー技術の展示がおこなわれました。

道路輸送の脱炭素化に向けて英国を代表する数々の国が行っている取り組みが紹介された同イベントへは、AMPキャピタルでコーポレート・ガバナンスを担当するシニア・マネージャーのカリン・ハリデーが参加しました。

「英国経済の成功の中核をなすのは運輸であり、人々の生活に変革をもたらし、活気に満ちた力強いコミュニティを形成するものです。この運輸業界では今、気候変動の脅威や温室効果ガス排出削減といった喫緊の課題を受けて、技術革命が起きています。」とハリデーは語ります。

排出ゼロの未来を創ることは、経済そして環境の両面から極めて重要です。英国政府は、2040年までに従来のガソリンやディーゼル車の大半を販売停止とする計画を打ち出しており、この重要性を裏付けていると言えます。

この目標達成に向けて、英国政府はULEV(ユーレブ、超低排出ガス車)の早期市場に約15億ポンドを投じます。道路輸送は温室効果ガス排出の大きな割合を占めることからも、車両技術の改善や代替燃料、車両利用の効率改善など、排出削減へ向けた業界レベルの取り組みが必須です。

低排出車の普及拡大

しかし、取り組みを開始するにあたり莫大な費用が必要となれば、偉大な変化を遂げるのも困難です。ハリデーによると、「免税や補助金、研究助成金など経済的インセンティブの形で政府が介入し、促進を図るのが一般的」であり、もう一つの方法として、「政府が手数料や税金を引き上げる事で、対象商品の需要や人々の行動を抑制することも可能」です。

超低排出ガス車の普及に向けて、一部の政府は経済インセンティブを提供しています。英国では、低排出車の購入に際する補助金、一部費用の免除、EV研究の助成金の提供など、EVの普及拡大に向けた取り組みが実施されています。

ノルウェーでは、政府が打ち出したEV補助金制度が功を奏し、自動車販売に占めるEVの割合が40%超へと拡大しています。豪州におけるEVの補助制度は州ごとに異なる部分があるものの、年間登録費用の割引100豪ドル、登録手数料の20%割引、印紙税の免除が含まれています。

リスクとオポチュニティ

ここ10年程度でEVの需要と供給が大幅に増加していることからも、製品ライフサイクルの初期に発生する莫大なリスクとオポチュニティに注目が集まっています。複雑なESG(環境・社会・ガバナンス)要因が運輸業界に与える影響には、次のものが挙げられます:

  • 排出と気候変動
  • 人権とサプライチェーン
  • 規制
  • 税制
  • ガバナンス

「道路輸送は大きな岐路に立っています。幅広いリスクやオポチュニティに対する各ステークホルダーの反応が注目されます。」と、ハリデーは語ります。

投資への影響

道路輸送とEVの展望の変化は、投資にも大きなインパクトを与えます。

気候変動の影響が顕在化し、人の移動やモノの輸送が変化するにともなって、以下が予想されます:

  • 車(乗合/シェア自動車)の減少と新しい技術(電力)
  • リサイクル素材活用の普及(例:日産リーフでは古着を再生して作られた遮音材を利用)
  • 燃料効率の改善に寄与する、強度かつ軽量な先端技術素材への注目が高まる
  • 石油やガスから、太陽光、風力、その他リニューアブルといった持続可能な電力へと注目がシフト
  • (サイクリストや自動運転車による)異なる道路利用パターンに対応するために輸送インフラが変化、燃料供給の新しいメカニズム(道路沿いやワイヤレスの充電)が登場

EVの未来は可能性に満ちています。そして、この可能性は無限大です。フリー・チャージド・ライブでは、自動車業界の進展に注目が集まったものの、タクシーやバス、ワゴン車・ミニバンも同様に、低排出の未来へ向けた取り組みが必須であるという考えも、幅広い賛同を得ていました。

  • サステイナブル投資インサイツ
  • 環境・社会・ガバナンス(ESG)
  • 責任投資

重要事項

この文書に含まれる情報は一般的な情報の提供のみを目的としてAMP Capital Investors Limited(ABN 59 001 777 591, AFSL 232497)(以下「AMPキャピタル」といいます。)が作成したものです。これは現地において適用される法令諸規則や指令に反することとなる地域での配布または使用を意図したものではなく、かつ、特定の投資ファンドまたは投資戦略への投資を推奨、提案または勧誘するものではありません。読者は、この情報を法的な、税務上の、あるいは投資に関する事項の助言と受け取ってはなりません。読者は(この情報を受領した地域を含む)特定の地域において適用される法令諸規則その他の要件に関して、並びにそれらを遵守しなかったことにより生じる結果について、専門家に意見を求め、相談しなければなりません。この文書の作成に当たっては細心の注意を払っていますが、AMPキャピタルあるいはAMPリミテッドのグループ会社は、予測を含むこの文書の中のいかなる記述についても、その正確性または完全性に関して表明又は保証をいたしません。脚注に示される通り、この文書中のいくつかの情報は、当社が信頼できると判断する情報源から取得しており、現在の状況、市場環境および見解に基づいてます。AMPキャピタルが提供した情報を除き、当社はこの情報を独立した立場で検証しておらず、当社はそれが正確または完全であることを保証することはできません。過去の実績は将来の成果の信頼できる指標ではありません。この文書は一般的な情報の提供を目的として作成したものであり、特定の投資家の投資目的、財務状況または投資ニーズを考慮したものではありません。投資家は、投資判断を行う前に、この文書の情報の適切性を考慮し、当該投資家の投資目的、財務状況又は投資ニーズを考慮した助言を専門家に求めなければなりません。この情報は、その全部または一部であるかを問わず、AMPキャピタルの書面による明示の同意なく、いかなる様式によっても、複製、再配布あるいはその他の形式で他の者が入手可能な状態に置いてはなりません。

当ウェブサイトにおけるクッキーとトラッキングについて:当社では、あなたが当ウェブサイト上で行う選択を記憶し、ウェブサイト機能を補助する事を目的として、基本的なクッキーを使用しています。また、あなたに関連性のある商品やサービスの表示や(あなたが同意した場合にのみ)カスタマイズされたマーケティングを行うために、ウェブサイトのトラッキングと分析目的で任意のクッキーも使用しています。当社におけるクッキーの使用とウェブサイト分析に関する詳細は、こちらからご確認いただけます。あなたのブラウザ設定において、クッキーとトラッキング機能の設定を行っている事を確認してください。