責任投資

インパクト投資のオポチュニティと課題

By エミリー・ウッドランド
上場株式、サステイナブル投資共同ヘッド 香港

評価手法の向上とともに、インパクト投資はより高度化しています。世界の投資家の間では、国連の持続可能な開発目標(SDGs)といった枠組みに対するコミットメントが広まっていることからも、まだニッチな投資分野といえるインパクト投資への注目と議論が高まっています。

AMPキャピタルが最近同分野における専門家や有数のファンドマネージャーを招いて開催したラウンドテーブルにおいても、このインパクト投資が注目点となりました。

投資機会

インパクト投資家が目指すのは、金銭的なリターンだけでなく、社会や環境面でプラスの効果をもたらす投資の実行です。

グローバル・インパクト投資ネットワーク(GIIN)が発表した調査結果1によると、インパクト投資家の資金は、平均して41%がプライベート・デット、18%がプライベート・エクイティに投じられています。このトレンドは徐々に変化しつつあるとはいえ、公開市場ではピュア・プレイのインパクト投資先企業を発掘するのが困難であるためです。

また、インパクト投資の機会は、先進国よりも新興国に多く存在すると言えます。これは、真なる社会的インパクトを実現するプロジェクトなど、新興市場における資金ニーズは先進国のそれを大きく上回るためです。

インパクト投資の課題

インパクト投資の課題は、その結果をどの様に測定するのかという点です。環境面のインパクトは、CO2排出削減、再生可能エネルギー発電量など、共通した定量データが存在することからも、社会面の結果よりも計測しやすい傾向にあります。一方で、社会面のインパクトを測るデータには、アフォーダブル住宅の供給件数や政府支出の削減などがあります。

とはいえ、一言でインパクトといっても影響は様々であり、共通性に欠け、定量化と比較が難しいことからも、異なる投資を横比較する一定の計測は極めて困難です。現在、最も一般的に使用されているインパクト投資のパフォーマンス計測ツールは17つのSDG目標で、気候変動対策やジェンダー平等など、特定の目標にたいするパフォーマンスを図る方法です。事業や投資におけるインパクト・マネジメントに関する国際イニシアチブとして発足した「インパクト・マネジメント・プロジェクト(IMP)」も、インパクト投資の測定・報告枠組みのソリューションのひとつとして、認知されつつあります。

もう一つの課題は、投資家に強靭なリターンを提供する事と、投資先が問題解決に向けて十分な資金を調達する事のバランスを適切に取る事です。

簡潔に言うと、魅力的なリターンの創出は間違いなく可能です。豪州責任投資協会(RIAA)の調査によると2、豪州の投資家が実際に得たリターンは、期待する市場リターンとほぼ同等であったという事が明らかになっています。世界的に見ても、2018年GIIN年次投資家調査1からは、調査対象者の過半数以上が、期待するインパクト結果(回答者の82%)とリターン(同76%)に合致する結果が得られた事が示されています(リターンはリスク調整後の市場リターン)。これらのうち15%は、インパクトとリターンの両面で期待を上回るアウトパフォーマンスを実現しています。

この様に、極めてポジティブな調査結果が出ているとはいえ、過去データがまだ積み上がっておらず、市場リターンやベンチマークの適正水準が明確でないことからも、インパクト投資パフォーマンスについて有意義な結論付けを行うのは未だ困難です。

全体的に見ると、インパクト投資資金のアロケーションやリターン計測の方法には、まだ改善の余地が残されていると言えます。社会やその他世界的な問題解決に取り組む団体やコミュニティのためにも、同セクターは正しい方向に向かって進んでいます。

 

GIIN、https://thegiin.org/assets/2018_GIIN_Annual_Impact_Investor_Survey_webfile.pdf
2 RIAA、https://responsibleinvestment.org/about-us/。インパクト投資は黎明期にあることからも、実際の投資やそのインパクトとリターンに関して入手できる情報は限定的です。別途記述がない限り、同記事で使用したデータは全て、RIAAによるレポート「Benchmarking Impact - Australian Impact Investment Activity and Performance Report 2018」を参照しています。

  • インサイツ
  • 投資戦略
  • 環境・社会・ガバナンス(ESG)
  • 責任投資

重要事項

この文書に含まれる情報は一般的な情報の提供のみを目的としてAMP Capital Investors Limited(ABN 59 001 777 591, AFSL 232497)(以下「AMPキャピタル」といいます。)が作成したものです。これは現地において適用される法令諸規則や指令に反することとなる地域での配布または使用を意図したものではなく、かつ、特定の投資ファンドまたは投資戦略への投資を推奨、提案または勧誘するものではありません。読者は、この情報を法的な、税務上の、あるいは投資に関する事項の助言と受け取ってはなりません。読者は(この情報を受領した地域を含む)特定の地域において適用される法令諸規則その他の要件に関して、並びにそれらを遵守しなかったことにより生じる結果について、専門家に意見を求め、相談しなければなりません。この文書の作成に当たっては細心の注意を払っていますが、AMPキャピタルあるいはAMPリミテッドのグループ会社は、予測を含むこの文書の中のいかなる記述についても、その正確性または完全性に関して表明又は保証をいたしません。脚注に示される通り、この文書中のいくつかの情報は、当社が信頼できると判断する情報源から取得しており、現在の状況、市場環境および見解に基づいてます。AMPキャピタルが提供した情報を除き、当社はこの情報を独立した立場で検証しておらず、当社はそれが正確または完全であることを保証することはできません。過去の実績は将来の成果の信頼できる指標ではありません。この文書は一般的な情報の提供を目的として作成したものであり、特定の投資家の投資目的、財務状況または投資ニーズを考慮したものではありません。投資家は、投資判断を行う前に、この文書の情報の適切性を考慮し、当該投資家の投資目的、財務状況又は投資ニーズを考慮した助言を専門家に求めなければなりません。この情報は、その全部または一部であるかを問わず、AMPキャピタルの書面による明示の同意なく、いかなる様式によっても、複製、再配布あるいはその他の形式で他の者が入手可能な状態に置いてはなりません。

当ウェブサイトにおけるクッキーとトラッキングについて:当社では、あなたが当ウェブサイト上で行う選択を記憶し、ウェブサイト機能を補助する事を目的として、基本的なクッキーを使用しています。また、あなたに関連性のある商品やサービスの表示や(あなたが同意した場合にのみ)カスタマイズされたマーケティングを行うために、ウェブサイトのトラッキングと分析目的で任意のクッキーも使用しています。当社におけるクッキーの使用とウェブサイト分析に関する詳細は、こちらからご確認いただけます。あなたのブラウザ設定において、クッキーとトラッキング機能の設定を行っている事を確認してください。