インフラストラクチャー

連邦予算案:インフラ支出1,000億豪ドルは十分なのか?

By ジョン・ジュリアン
インフラストラクチャー・エクイティ部門インベストメント・ディレクター 豪州、シドニー

先週行われた連邦予算案の発表では、道路や鉄道プロジェクトを中心に今後10年で1,000億豪ドルを投じるというインフラ支出計画の概要が明らかになりました。

その2日後、野党労働党ショートン党首がこれに対し、労働党は道路や鉄道網への投資として1,000億豪ドルを超える投資を行うと発言しました。

これらは極めて巨額の支出であり、全ての州と特別地域における投資が含まれていますが、豪州経済の長期的な成長ポテンシャルに十分な規模の投資と言えるのでしょうか?

インフラ投資は経済の繁栄への投資

マクロの観点から、インフラ投資は国経済の未来への投資だと考える事が出来ます。経済活動に大きな刺激を与えるものであり、過去を振り返っても、インフラ投資が経済の巻き返しを助成したケースは数多くあります。

最も有名な現代の一例といえるのが、世界恐慌の最中である1933年に、ルーズベルト米国大統領が発表したニューディール政策です。この一連の経済政策には、高速道路や橋梁、学校、公園を含む公共支出など、様々な改革が盛り込まれました。

これを受けて、米国で最も貧困した南部の州7つに電力(そして雇用)を供給するために、テネシー川流域開発公社(TVA)が設立されました。TVAは今日も、米国最大規模の電力公社です。

また、失業者の大量雇用を目的に公共事業促進局(WPA)が設立されました。同局が手掛けたプロジェクトは、学校の建設4,000件、病院の新設130件、下水道管の設置総長9,000マイル、植林2,400万本、橋の建設29,000件、道路の補修総長280,000マイルに上ります。

ルーズベルト大統領は、莫大な規模の景気刺激策を講じて大恐慌期から経済を救うという使命を負っていたわけですが、豪州経済の状況はこれ程まで悪化してはいません。しかし、ニューディール政策からの教訓は、主要な公共プロジェクトに対する幅広い支出は、将来長期にわたる計り知れない影響を及ぼすという事です。

ニューディール政策の支出は、米国の経済と社会に大きな変革をもたらしました。今日も残る米国の道路制度の生みの親であり、全国の都市や市場間の往来を可能にしました。

今後豪州の政権を握るのが誰であれ、ニューディール政策と同じオポチュニティが存在することに間違いありません。

メルボルンとジーロンを結ぶ時速150kmの高速鉄道プロジェクトなどへの投資は、2都市間の接続を大きく改善するものです。時速300kmの新幹線には及びませんが、ジーロンの地元住民にとっては、メルボルンまでの通勤時間が短縮され、利便性が高まります。

政府は、同プロジェクトに対して20億豪ドルの投資を公約しています。この波及効果は、地方経済の活性化、住宅価格の上昇や低下、都市部における交通渋滞緩和など、極めて莫大なものとなる見通しです。この様な投資こそが、ジーロン市にとって大きなゲーム・チェンジャーとなり得るプロジェクトなのです。

同プロジェクトの行方には注目が集まるでしょう。全国的にも、主要都市を中心としたハブ・アンド・スポーク型(主要拠点ハブを中心にネットワークを展開する)の鉄道プロジェクトの模範例にもなり得るでしょう。

同鉄道プロジェクトやその他プロジェクトからの恩恵は明らかであるものの、与党保守連合と野党労働党が発表したインフラ支出の規模は、対GDP比で見たインフラ支出の長期平均を下回っており、大規模なプロジェクトは鉄道と道路に偏っています。

民間資金活用のソリューション

国土が広く、人口が比較的少ない豪州では、鉄道や道路といった交通セクターの枠を越えた現代のインフラ整備に向け、官民一体となった取り組みが有効です。

オハイオ・バレーの天然ガス火力発電所やスカンジナビア半島の風力発電所など、米国や欧州では巨大な投資プロジェクトが進行しています。上下水道や廃棄物処理施設の開発プロジェクトには、何十億ドルという投資マネーが流れ込んでいます。

1930年代にそうであったように、社会に恩恵をもたらすインフラ計画の中核を成すのは電力や水道ですが、現代のモデルが異なるポイントは、公共そして民間の資金両方が活用されている点です。

その他にも、5Gネットワークの登場を背景としてデータセンターや通信塔、スモールセル基地局など、ルーズベルト大統領には想像も付かなかったインフラ・プロジェクトにも、世界中から多額の投資資金が集まっています。

政府の発表や野党労働党の発言において、これら種類のインフラ・プロジェクトに対する支出は、鉄道や道路と比較すると小規模にとどまっています。その他には、スノーウィ―・ハイドロ水力発電所の拡張に対する投資40億豪ドル規模などがありますが、与党・野党ともに、道路と鉄道に焦点をあてていることは明らかです。

各州には、「戦略的に重要な道路」プロジェクトに対する財源が振り分けられています。

ニュー・サウス・ウェールズ州は、シドニー西部の鉄道プロジェクトに35億豪ドル、M1パシフィック道路に対して16億豪ドルを受領しています。ビクトリア州では、メルボルン~ジーロン間鉄道プロジェクト以外に、郊外道路の改良に11億豪ドル、南オーストラリア州では、南北を結ぶ幹線道路に15億豪ドルが約束されています。

また、全国道路安全に関する一連の投資や、東海岸沿いを走る将来的な高速鉄道プロジェクトの開発に対する支出も盛り込まれました。

都市部の渋滞緩和に向けた資金枠は10億豪ドルから40億豪ドルへと拡大されました。

まとめ

公共インフラ・プロジェクトの多くは、最終的に民営化されます。これまでも、全国で空港や港湾、公益事業が民営化されており、今後も他のインフラ資産が民営化される見通しです。

インフラ支出の拡大を受けて、待望のインフラ開発への道が切り開かれる事になります。しかし、より重要なポイントとして、このインフラ支出が、豪州経済の長期成長を助成するに十分な規模であるのか、また、この成長に向けて十分な幅広いセクターがカバーされているのか、という疑問は残ったままです。

  • その他レポート
  • インフラストラクチャー
  • オピニオン
  • 政治

重要事項

この文書に含まれる情報は一般的な情報の提供のみを目的としてAMP Capital Investors Limited(ABN 59 001 777 591, AFSL 232497)(以下「AMPキャピタル」といいます。)が作成したものです。これは現地において適用される法令諸規則や指令に反することとなる地域での配布または使用を意図したものではなく、かつ、特定の投資ファンドまたは投資戦略への投資を推奨、提案または勧誘するものではありません。読者は、この情報を法的な、税務上の、あるいは投資に関する事項の助言と受け取ってはなりません。読者は(この情報を受領した地域を含む)特定の地域において適用される法令諸規則その他の要件に関して、並びにそれらを遵守しなかったことにより生じる結果について、専門家に意見を求め、相談しなければなりません。この文書の作成に当たっては細心の注意を払っていますが、AMPキャピタルあるいはAMPリミテッドのグループ会社は、予測を含むこの文書の中のいかなる記述についても、その正確性または完全性に関して表明又は保証をいたしません。脚注に示される通り、この文書中のいくつかの情報は、当社が信頼できると判断する情報源から取得しており、現在の状況、市場環境および見解に基づいてます。AMPキャピタルが提供した情報を除き、当社はこの情報を独立した立場で検証しておらず、当社はそれが正確または完全であることを保証することはできません。過去の実績は将来の成果の信頼できる指標ではありません。この文書は一般的な情報の提供を目的として作成したものであり、特定の投資家の投資目的、財務状況または投資ニーズを考慮したものではありません。投資家は、投資判断を行う前に、この文書の情報の適切性を考慮し、当該投資家の投資目的、財務状況又は投資ニーズを考慮した助言を専門家に求めなければなりません。この情報は、その全部または一部であるかを問わず、AMPキャピタルの書面による明示の同意なく、いかなる様式によっても、複製、再配布あるいはその他の形式で他の者が入手可能な状態に置いてはなりません。

当ウェブサイトにおけるクッキーとトラッキングについて:当社では、あなたが当ウェブサイト上で行う選択を記憶し、ウェブサイト機能を補助する事を目的として、基本的なクッキーを使用しています。また、あなたに関連性のある商品やサービスの表示や(あなたが同意した場合にのみ)カスタマイズされたマーケティングを行うために、ウェブサイトのトラッキングと分析目的で任意のクッキーも使用しています。当社におけるクッキーの使用とウェブサイト分析に関する詳細は、こちらからご確認いただけます。あなたのブラウザ設定において、クッキーとトラッキング機能の設定を行っている事を確認してください。