オピニオン

ディスラプションへの投資:第1回

By サイモン・スティール
グローバル株式担当ヘッド 英国、ロンドン

ディスラプションとは、実に広く使われている用語です。投資の観点から見た場合、それは本当に何を意味するのでしょうか。

このレポートが第1回となる連載シリーズでは、ディスラプションの真なる意味とその先行企業の例を探り、投資家への影響を考えます。

ディスラプションは単なる流行のビジネス用語にすぎないと考えがちですが、その概念は継続的な経済進化に深く関連しています。ディスラプションとは、人間の本質であり、何世紀にもわり存在してきたものです。

重要なポイントとして、ディスラプションは、コスト削減や新しい商品やサービスの登場、迅速な追跡とビジネス成果の改善を通じて、経済に恩恵をもたらします。歴史的に見ても、ネットでプラスの雇用を生み出しています。

さらに、ディスラプションは通常、社会におけるプラスの勢力となります。コスト低下は生活水準の向上につながり、経済発展を支援します。これは、新しいことではありません。農業の手作業から機械作業への移行が、その良い例です。

1837年、ジョン・ディアは鉄の犂(スキ)を発明し、農業を大きく変化させました。その後、コンバインやトラクタなど、破壊的技術が数多く登場しています。今日、ドローンやデータの利用を通じて農業は変革を続けており、生産性と効率の大幅改善につながっています。このプロセスは、今後も長期に渡って継続していくのです。

一方で、ディスラプションを通じたイノベーションの普及には時間を要する場合もあります。自動車はその一例です。1885年に発明された自動車は、何十年もの間、とても手の届かない高級品でした。今や自動車は広く普及しています。イノベーションの普及に時間がかかる主な理由は費用です。当時、平均的な年収の何倍もの費用が必要だった自動車は、今では多くの人が購入できる値段になっています。

テクノロジーを背景に、ディスラプションのスピードは加速しています。音楽業界がこの良い例です。アナログレコードは、長年に渡り主要な音楽配信手段として独占的地位を確立していました。その後カセットが発明され、両者はしばらくの間共存することになります。そしてCDが登場し、カセットやアナログレコードの多くが廃止となりました。CDがミニディスクとして改良された後、iPodの発明とともに、音楽業界は再び転換期を迎えます。そして現在、音源はスマートフォンからのストリーミング配信となり、テクノロジーがディスラプションを加速させ、業界や競争環境を大きく変化させることが実証されています。

この音楽業界の変革はディスラプションの加速を示す良い例であり、テクノロジーが関連する場合には特にその傾向が著明です。テクノロジーは、処理能力コストの継続的な低下を通じてイノベーションのスピードを高め、その費用を抑制することでディスラプションを加速させ、新たなデジタル・ディスラプションを可能としています。これは、企業の競争優位性の性質とディスラプションの速度が時間とともに変化した理由を説明しています。非デジタル時代の中心であった工場や機械などの有形資産とは対照的に、デジタル革命における主要な資産は、知的財産やネットワーク効果など、本質的に無形の資産である場合が多いのです。

つまり、ディスラプションは長期投資に重要な影響を与えるものであり、今後のレポートにおいて競争優位性の性質と耐性、持続可能な長期成長トレンドの発掘、企業の資本配分などを取り上げ、検証していきます。

  • インサイツ
  • エクイティ
  • オピニオン
  • グローバル
  • 上場
  • 投資インサイツ
  • 投資戦略
  • 株式
この記事をシェアする

「ディスラプションへの投資」連載シリーズ

重要事項

この文書に含まれる情報は一般的な情報の提供のみを目的としてAMP Capital Investors Limited(ABN 59 001 777 591, AFSL 232497)(以下「AMPキャピタル」といいます。)が作成したものです。これは現地において適用される法令諸規則や指令に反することとなる地域での配布または使用を意図したものではなく、かつ、特定の投資ファンドまたは投資戦略への投資を推奨、提案または勧誘するものではありません。読者は、この情報を法的な、税務上の、あるいは投資に関する事項の助言と受け取ってはなりません。読者は(この情報を受領した地域を含む)特定の地域において適用される法令諸規則その他の要件に関して、並びにそれらを遵守しなかったことにより生じる結果について、専門家に意見を求め、相談しなければなりません。この文書の作成に当たっては細心の注意を払っていますが、AMPキャピタルあるいはAMPリミテッドのグループ会社は、予測を含むこの文書の中のいかなる記述についても、その正確性または完全性に関して表明又は保証をいたしません。脚注に示される通り、この文書中のいくつかの情報は、当社が信頼できると判断する情報源から取得しており、現在の状況、市場環境および見解に基づいてます。AMPキャピタルが提供した情報を除き、当社はこの情報を独立した立場で検証しておらず、当社はそれが正確または完全であることを保証することはできません。過去の実績は将来の成果の信頼できる指標ではありません。この文書は一般的な情報の提供を目的として作成したものであり、特定の投資家の投資目的、財務状況または投資ニーズを考慮したものではありません。投資家は、投資判断を行う前に、この文書の情報の適切性を考慮し、当該投資家の投資目的、財務状況又は投資ニーズを考慮した助言を専門家に求めなければなりません。この情報は、その全部または一部であるかを問わず、AMPキャピタルの書面による明示の同意なく、いかなる様式によっても、複製、再配布あるいはその他の形式で他の者が入手可能な状態に置いてはなりません。

当ウェブサイトにおけるクッキーとトラッキングについて:当社では、あなたが当ウェブサイト上で行う選択を記憶し、ウェブサイト機能を補助する事を目的として、基本的なクッキーを使用しています。また、あなたに関連性のある商品やサービスの表示や(あなたが同意した場合にのみ)カスタマイズされたマーケティングを行うために、ウェブサイトのトラッキングと分析目的で任意のクッキーも使用しています。当社におけるクッキーの使用とウェブサイト分析に関する詳細は、こちらからご確認いただけます。あなたのブラウザ設定において、クッキーとトラッキング機能の設定を行っている事を確認してください。