不動産

不動産セクター:テクノロジー・ディスラプションの最先端を行く

By AMPキャピタル

バレンタイン・デーのシドニーCBD。使用されていない駐車場から700束ものフラワーギフトが配送されました。不動産で利益を生むには、この様なありふれた、ちょっとした情報の重要性を理解する必要があります。

これまでの資産クラスは新しい姿へと進化しています-今日の駐車場は、将来ロジスティクス拠点へと変化しているかもしれません。

従来の習慣を覆す新たなテクノロジー事業に関するニュースは、毎日の様にヘッドラインを賑わせています。それがタクシーであれホテルであれ、消費であれ、テクノロジーのディスラプションが私たちの生活スタイルを変化させています。

不動産のテクノロジー・ディスラプション時代、特に金利が上昇する局面では、有効な投資ポジショニングを理解する事が極めて重要です。

グーグルやウーバー、Airbnbといった大手テクノロジー企業の分析を通じて明らかになったのは、次の3つの要素が成功に不可欠だということです:ボトムアップの顧客主義(カスタマー・ドリブン)、市場において生産性が低い部分を見極める、競合他社が追随するニューノーマルを築く。

アマゾンに代表される企業らは、商品の効率輸送がサプライチェーンを通じたより幅広い価値創造を可能とすることに気付いたのです。その結果アマゾンは、従来の小売では達成できなかった数十億米ドル規模の収入を上げています。

商業用不動産の投資家は、テクノロジーのディスラプションを理解することで、より効率的なアセット・マネジメントや資産用途をより効果的に計測することが可能となり、資産にとっても付加価値創造につながります。

この良い例が、ビーコン発信機(ビーコン)のテクノロジーです。ビーコンとは、近くの駐車場検索や料金の支払い、商品の検討や購入など、モバイルデバイスを活用して周辺機器とのコネクティビティを提供するもです。

来年初期に豪州準備銀行(RBA)の利上げが見込まれており、インカム成長が極めて重要になる中で、投資資産効率は最大化しておきたいものです。

不動産セクターでは、これら初期段階にある環境変化との奮闘が始まっています。オフィス・セクターで柔軟性の高いリーシング契約のニーズが高まっている点は、その良い例と言えます。

テクノロジーの進化に対して早期の順応を怠ることの代償は、大きいものとなるでしょう。

オフィス・セクターでは、コワーキングやサード・プレイス(自宅や職場から離れた、社会における「第3」の場所)のスペースが市場の多くを占めるようになっています。これらのスペースは、フレキシビリティ提供するコミュニティの場であり、容易に拡張が可能です。

産業用不動産セクターも、大きな変化を遂げつつあります。都市部近郊のラストマイル(物流拠点から最終目的地までの最終過程の部分)ロジスティクス物件の需要が高まっており、バンや車、バイクなど、多様な輸送手段を活用した迅速な配送を可能とする縦型倉庫が増加すると見込まれます。

小売セクターではテナント構成が変化しており、従来のファッションや電気製品から、飲食や映画館といった体験型へとシフトしています。保育施設や医療、教育サービスといった社会インフラも、一般的になっています。

この様な発展を後押しするのは、既に不動産セクターで進行しているテクノロジーの変化であり、そこにはバリュー発掘のオポチュニティが存在します。

賃料の伸びや資産価値の成長を取り込むためにも、常にこれら進展の先端を行く努力が欠かせません。

  • その他レポート
  • 不動産

重要事項

この文書に含まれる情報は一般的な情報の提供のみを目的としてAMP Capital Investors Limited(ABN 59 001 777 591, AFSL 232497)(以下「AMPキャピタル」といいます。)が作成したものです。これは現地において適用される法令諸規則や指令に反することとなる地域での配布または使用を意図したものではなく、かつ、特定の投資ファンドまたは投資戦略への投資を推奨、提案または勧誘するものではありません。読者は、この情報を法的な、税務上の、あるいは投資に関する事項の助言と受け取ってはなりません。読者は(この情報を受領した地域を含む)特定の地域において適用される法令諸規則その他の要件に関して、並びにそれらを遵守しなかったことにより生じる結果について、専門家に意見を求め、相談しなければなりません。この文書の作成に当たっては細心の注意を払っていますが、AMPキャピタルあるいはAMPリミテッドのグループ会社は、予測を含むこの文書の中のいかなる記述についても、その正確性または完全性に関して表明又は保証をいたしません。脚注に示される通り、この文書中のいくつかの情報は、当社が信頼できると判断する情報源から取得しており、現在の状況、市場環境および見解に基づいてます。AMPキャピタルが提供した情報を除き、当社はこの情報を独立した立場で検証しておらず、当社はそれが正確または完全であることを保証することはできません。過去の実績は将来の成果の信頼できる指標ではありません。この文書は一般的な情報の提供を目的として作成したものであり、特定の投資家の投資目的、財務状況または投資ニーズを考慮したものではありません。投資家は、投資判断を行う前に、この文書の情報の適切性を考慮し、当該投資家の投資目的、財務状況又は投資ニーズを考慮した助言を専門家に求めなければなりません。この情報は、その全部または一部であるかを問わず、AMPキャピタルの書面による明示の同意なく、いかなる様式によっても、複製、再配布あるいはその他の形式で他の者が入手可能な状態に置いてはなりません。

当ウェブサイトにおけるクッキーとトラッキングについて:当社では、あなたが当ウェブサイト上で行う選択を記憶し、ウェブサイト機能を補助する事を目的として、基本的なクッキーを使用しています。また、あなたに関連性のある商品やサービスの表示や(あなたが同意した場合にのみ)カスタマイズされたマーケティングを行うために、ウェブサイトのトラッキングと分析目的で任意のクッキーも使用しています。当社におけるクッキーの使用とウェブサイト分析に関する詳細は、こちらからご確認いただけます。
あなたのブラウザ設定において、クッキーとトラッキング機能の設定を行っている事を確認してください。