ガバナンス&アクティブ・オーナーシップ(積極的株主行動)

AMPキャピタルでは、コーポレート・ガバナンス関連のイニシアチブに積極的に取り組んでいます。運用を通じて株式を保有する当社は、投資先企業におけるコーポレート・ガバナンス関連ポリシーの策定に対して影響力を持っている事を認識しており、全ての決議案に関する議決権の代理行使や特定の事項に関する企業とのエンゲージメントを実行しています。

対話における主なポイントには、取締役会の構成とその独立性、役員報酬、企業の責任体制、コンプライアンス、過失、贈収賄と汚職、利益相反、関係者間取引、株主権利、会計処理、監査のクオリティ、そして様々なESGトピックスが含まれます。

これらの取り組みは全て、お客様に対してより良い結果を長期に渡り提供する事を目的に、実施されています。

コーポレートガバナンスへの取り組み

  • 透明性
    透明性

    お客様が期待するリターンの実現に向けて、投資先企業における透明性の確保、コーポレート・ガバナンスとCSR(企業の社会的責任)への真剣な取り組みを追求します。コーポレート・ガバナンスや地域社会に関する企業とのコミュニケーションを通じて、責任ある企業市民としての役割が果たされているかをモニタリングしています。

    詳しくは、アセット・スチュワードシップ・ステートメント(英語のみ)をご参照ください。

  • 議決権の代理行使
    議決権の代理行使

    運用を通じて株式を保有する当社は、投資先企業におけるコーポレート・ガバナンス関連ポリシーの策定おいて影響力を持つ事を認識しています。全ての決議案に対して議決権の代理行使を行い、役員報酬や取締役会構成、リスク管理といったトピックスに関する企業とのエンゲージメントを実施しています。

    詳しくは、議決権代理行使ポリシー(英語のみ)をご参照ください。

  • 緻密な分析
    緻密な分析

    透明性の欠如、株主/取締役間における利害の不一致、株主利益を無視した行動に対する報酬を与える制度などは、危険信号です。当社では、細密な分析を通じて、投資先としての企業の適性を見極めます。

    詳細は、コーポレート・ガバナンス・レポート(英語のみ)をご覧ください。

議決権の代理行使に関する情報と開示

投資先企業における議決権行使は受託者責任であると、AMPキャピタルでは考えます。十分な検討の上、議決権を有する決議案全てにおいて代理行使を20年以上に渡り実行してきた当社では、2005年から、コーポレート・ガバナンス・レポートを発行し、議決権行使結果を開示しています。これらレポートには、当社の議決権行使に関する解説と合わせて、取締役選任案や報酬関連の決議案が否決された企業名を一覧で開示しています。

議決権代理行使に際しては、その分析と実行を手掛ける専属の担当者を社内に配置しています。株主エンゲージメントと議決権代理行使における豪州のパイオニアとして、優れたコーポレートアクセスや社内データベースを通じた恩恵が、当社の分析に反映されています。これら独自のナレッジに加え、外部の地域別専門アドバイザーのリサーチも組み入れています。

コーポレート・ガバナンス・レポート

AMPキャピタルでは、株主総会シーズン終了後に包括的なコーポレート・ガバナンス・レポート(英語のみ)を発行しています。同レポートでは、議決権行使結果の統計や決議案に反対票を投じた企業名を開示しており、ガバナンス関連のトピックスやリサーチを取り上げて紹介しています。

2019

Review: Proxy Voting & ESG Investment Research – March 2019

  • AMP Capital’s approach to ESG
  • Shareholders take action
  • Proxy Voting
    • Internally Managed Funds
      • Australian Equities
      • Global Equities
    • Externally-Managed and Voted
      • Multi-Manager
      • New Zealand
  • ESG Wrap
    • Climate change
    • Social media & Data privacy
    • Supply chain & human rights
    • Waste
    • Sugar & nutrition
    • Wage underpayment
    • Gender diversity
    • Scandals & reputation

2018

Review: Proxy Voting & ESG Investment Research – March 2018

  • AMP Capital’s approach to ESG
  • Shareholders take action
  • Proxy Voting
    • Internally Managed Funds
      • Australian Equities
      • Global Equities
    • Externally-Managed and Voted
      • Multi-Manager
      • New Zealand
  • Research Highlights
    • Real Estates
    • Carbon Foot-printing
    • Health
    • Gender Diversity
    • Corporate Governance

2017

Full-year report - March 2017

  • AMP Capital’s approach to ESG
    • The what, why and how
  • ESG trends to watch
  • The ethical dilemma
    • Is it OK to exclude companies purely on ethical grounds?
  • Remuneration
    • Can everything of value be measured?
  • AMP Capital Report 2016: Gender Diversity
    • The real reason we are still talking about it
  • Shareholder engagement
    • Current themes
  • Overview of proxy voting
  • AMP Capital Managed Funds
  • Australian Funds
  • International
    • Asian Equities
    • Global Listed Real Estate
    • Global Listed Infrastructure
  • Externally-managed portfolios
    • Multi-asset Funds
    • New Zealand Funds

 

2016

Mid-year report - September 2016

  • Disruption in financial services… through the eyes of an ESG analyst
    • Driverless cars, the sharing economy and blockchain are three of the top sources of disruption for Australia’s insurance and diversified financial services sector, according to AMP Capital’s latest Corporate Governance Report.
    • Disruption is an integral part of AMP Capital’s environmental, social and governance (ESG) research into Australian companies. The way these companies position themselves for change provides ESG analysts with unique key investment insights.
  • Gender diversity on boards: celebrating Australia’s progress
    • It’s easy to be disheartened about the state of board diversity in Australia when less than 25 percent of company directors are women. But rather than dwell on the negatives, recognition of Australia’s solid progress provides plenty of reasons to celebrate.
    • Just five years ago, women’s representation on the boards of Australia’s major companies was barely more than 10 percent. Since then, the number of board seats filled by women has risen sharply. The pace of improvement in Australia has been strong, especially when compared to the United States where progress appears to have slowed.
  • How investors manage climate change risk in their portfolios
    • AMP Capital considered how investment returns may be impacted by climate change and the decisions countries make as a result of their need to set ambitious emissions reduction targets. Understanding the climate change risk that might sit within an investor’s portfolio is not straight forward. There are three main climate change risks that manifest themselves in equity and corporate bond portfolios:
      • Impact on company valuations as a result of policies to reduce the greenhouse gas emissions of the companies (and their value chains) within a portfolio.
      • Impact on company valuations of fossil-fuel producers and distributers as a result of policies to reduce greenhouse gas emissions.
      • Impact on company valuations from the physical impacts of climate change.
  • Global Connections
    • An overview of what AMP Capital’s ESG team has been up to – connecting globally

2015

Full-year report - February 2016

  • CEO pay: How much is too much?
    • Companies often fall into the trap of paying their CEO ‘what everyone else pays’. After finding the total pay of CEOs can be many times that of the next highest paid executive in that organisation AMP Capital ponders whether the premium is justified.
  • Gender diversity: Will the gender diversity of boards reach 30 per cent?
    • The boards of Australian companies are becoming more gender-diverse. In this article AMP Capital reports on the initiatives driving this change and investigates what more can be done.
  • Paris Climate Conference: What to make of the Paris Agreement
    • As the global implications of climate change become more widely understood, it is pleasing to see countries work together to address the challenges. In this article AMP Capital considers the ramifications as well as the winners and losers of a commitment to limit global warming.

Mid-year report - September 2015

Data and Cyber Security

  • The Banking Sector ... through the eyes of an ESG analyst
  • In the news:
    • Human rights: an investor issue?
    • The role of ethics in business and finance
    • New rules on disclosure
  • Proxy Voting Statistics

2014

Full year report - March 2015

  • Gender diversity: The smart thing to do
  • Obesity: The (investment) risks of being ‘overweight’
  • Coal seam gas: How important is it?
  • Shareholder engagement: Current themes

Mid year report - August 2014

  • Governance - Going global
  • ESG - sharing insights with global asset owners and investors
  • Supply chain risks - Bangladesh field trip

2013

Full year report - March 2014

  • Leadership matters: how an ‘intangible factor’ such as the quality of a company’s leadership affects shareholder returns and the importance of good leadership succession planning
  • ESG myth-busting: dispelling ‘myths’ around the impact Environmental, Social and Governance (ESG) factors can have on investments.
  • The challenges of mining in developing countries
  • Stranded assets: how big is the issue?
  • Gender diversity: Recent observations including that on AMP Capital’s assessment there is a positive correlation between a company’s governance quality and the number of women that sit on its board.

Mid year report - August 2013

  • Are shareholders getting the companies they deserve? Is there enough focus on the long-term?
  • The need for good communication between shareholders and companies
  • Why ‘supply chain’ management is a human rights AND investment issue
  • A look at how understanding ESG factors can add to fund performance

2012

Full year report - January 2013

  • The two-strikes rule and why shareholders care about pay
  • AREITs - a case study in corporate governance risk
  • AMP Capital 2012 proxy voting statistics (Australian and global)
  • Governance in brief

Mid year report - July 2012

  • Why investors should care about ESG
  • Two strike rule: will boards be spilled?
  • Snippets (including 'Cost of combined CEO/Chairman')

2011

Full year report - February 2012

  • Remuneration: Why so many chairmen engaged with AMP Capital this year
  • Aligning pay with performance: a shareholder's perspective
  • Snippets (including 'More women on ASX boards')

Mid year report - September 2011

  • Two-strikes and you're out
  • Australia's clean energy future

2010

Full year report - January 2011

  • Has the GFC provided a tipping point for ESG?
  • Proxy advisers: are investors better off with them?

Mid year report - August 2010

  • Remuneration: consider the consequences
  • Gender diversity - does it matter?

重要事項

この文書に含まれる情報は一般的な情報の提供のみを目的としてAMP Capital Investors Limited(ABN 59 001 777 591, AFSL 232497)(以下「AMPキャピタル」といいます。)が作成したものです。これは現地において適用される法令諸規則や指令に反することとなる地域での配布または使用を意図したものではなく、かつ、特定の投資ファンドまたは投資戦略への投資を推奨、提案または勧誘するものではありません。読者は、この情報を法的な、税務上の、あるいは投資に関する事項の助言と受け取ってはなりません。読者は(この情報を受領した地域を含む)特定の地域において適用される法令諸規則その他の要件に関して、並びにそれらを遵守しなかったことにより生じる結果について、専門家に意見を求め、相談しなければなりません。この文書の作成に当たっては細心の注意を払っていますが、AMPキャピタルあるいはAMPリミテッドのグループ会社は、予測を含むこの文書の中のいかなる記述についても、その正確性または完全性に関して表明又は保証をいたしません。脚注に示される通り、この文書中のいくつかの情報は、当社が信頼できると判断する情報源から取得しており、現在の状況、市場環境および見解に基づいてます。AMPキャピタルが提供した情報を除き、当社はこの情報を独立した立場で検証しておらず、当社はそれが正確または完全であることを保証することはできません。過去の実績は将来の成果の信頼できる指標ではありません。この文書は一般的な情報の提供を目的として作成したものであり、特定の投資家の投資目的、財務状況または投資ニーズを考慮したものではありません。投資家は、投資判断を行う前に、この文書の情報の適切性を考慮し、当該投資家の投資目的、財務状況又は投資ニーズを考慮した助言を専門家に求めなければなりません。この情報は、その全部または一部であるかを問わず、AMPキャピタルの書面による明示の同意なく、いかなる様式によっても、複製、再配布あるいはその他の形式で他の者が入手可能な状態に置いてはなりません。

当ウェブサイトにおけるクッキーとトラッキングについて:当社では、あなたが当ウェブサイト上で行う選択を記憶し、ウェブサイト機能を補助する事を目的として、基本的なクッキーを使用しています。また、あなたに関連性のある商品やサービスの表示や(あなたが同意した場合にのみ)カスタマイズされたマーケティングを行うために、ウェブサイトのトラッキングと分析目的で任意のクッキーも使用しています。当社におけるクッキーの使用とウェブサイト分析に関する詳細は、こちらからご確認いただけます。あなたのブラウザ設定において、クッキーとトラッキング機能の設定を行っている事を確認してください。