各資産クラスにおけるESGの組み入れ

AMPキャピタルでは、全ての資産クラスにおいてESGの組み入れを行っています。 

不動産

不動産は長期投資の資産クラスです。当社におけるESG哲学の中核にあるのは、投資意思決定と所有プロセスにおけるESG課題の検討を通じて、お客様の代理で行う投資の価値やパフォーマンス、レピュテーションに影響を与えるリスクやオポチュニティに関する理解を深め、長期的に持続可能な結果を生み出すことです。ESG適合条件など、長年の経験を通して蓄積された知識を活用し、お客様の投資・運用における付加価値の創造を目指します。

 

運用プロセス全体におけるESG組み入れ以外にも、政府や業界団体との協力に積極的に取り組み、建物の効率性やサステイナビリティの向上に必要な責任投資の推進やイノベーション、計測ツールの開発に取り組んでいます。

 

AMPキャピタルでは、旗艦ファンドを通して、グローバル不動産サステナビリティ・ベンチマーク(GRESB)の年次評価に参加しています。フラッグシップ戦略は全て「グリーンスター」評価を維持しており、主要なサステイナビリティ課題の管理と取り組みが評価されています。

 

GRESBは、不動産ポートフォリオにおけるサステイナビリティのパフォーマンスを評価する独立機関で、多数の年金基金や海外投資家が支援・参加しています。

 

AMPキャピタルの不動産部門は、ESG&責任投資のガイドラインに従って、ESGのリスクとオポチュニティの特定や管理にフォーカスを置き、長期的に持続可能なリターンの提供に向けて継続した取り組みを行っています。

 

AMPキャピタルにおける不動産運用については、こちらをご覧ください。

インフラストラクチャー

AMPキャピタルでは、電力・ガスの輸送・供給、水道、再生可能エネルギー発電、空港、有料道路、社会インフラなど、多岐に渡るインフラ資産への投資を行っています。

 

インフラ運用においても、投資案件の発掘から投資先における積極的な経営関与まで、運用プロセス全体を通してESG課題が検討されています。当社のインフラ・チームは、先進・新興市場、そして多様なセクターにおけるESG関連のリスクとオポチュニティに関する優れた見識を誇ります。

 

意思決定や運用、レポーティングにおける確立されたプロセスからも明らかな通り、ESGは当社の運用プロセスにおける主要な構成要素のひとつです。インフラ資産への投資にあたっては、他の投資リスクと同様に、パフォーマンスに影響をもたらす可能性があるリスクとしてESG課題を検討します。この考えを支えているのは、次の原則です:

  1. お客様本位の行動に対する受託者責任とESGアプローチのアラインメント
  2. 投資の分析と意思決定、アクティブ・オーナーシップ行動、継続的なレポーティングにおけるESG課題の組み入れ
  3. 長期的なリターンに影響を与える可能性のあるESG課題やリスクについて、バランスの取れた包括的な見方の維持
  4. 当社が投資・運用する全てのポートフォリオと地域におけるESGポリシーの適用
  5. 当社のポリシーに沿って、インフラ・チームのひとり一人がESG組み入れに責任を持つ

 

当社のインフラ・ポートフォリオに影響を及ぼすと見られる主要なESG課題の検討においては、資産・サービスの所在地、環境面の影響や制約、地域や社会への影響、産業セクターのダイナミクス、関連企業の事業慣行などを評価します。さらには、投資家の長期的な利益保護の観点から、導入されているガバナンスの内容を検討します。

 

新規投資案件のオリジネーションに際しては、ESG課題のリスクやオポチュニティとその影響について、定性面と定量面の両方から評価を行います。また、主要な内部プロセスやESG監査といったESG特化のイニシアチブの実施を通じて、アセットマネジメントのプロセスにおけるESG課題の継続的な検討が確保されています。

 

AMPキャピタルは、GRESBインフラストラクチャーの創設メンバーです。実物資産におけるESGパフォーマンスのベンチマークや報告の評価ツールの開発に向け、他のグローバル投資家とコラボレーションを通じて業界をリードしています。

 

より詳しい情報とケース・スタディについては、以下のレポートをご覧ください:

 

AMPキャピタルにおけるインフラストラクチャー運用については、こちらをご覧ください。

株式

株式部門では、各ファンドの性質や投資戦略、スタイルを考慮し、様々なESG組み入れのアプローチを採用しています。

 

運用プロセスにおけるESG組み入れをサポートするのは、ESG分析を担当するESGリサーチ・チームです。当社の株式戦略では、ESGリサーチのツールとして、適切な指数との比較でESGリスクを捉えるESG企業スコアを活用しています。このESG企業スコアは銘柄選択プロセスでも検討されます。企業分析と投資判断に際しては、定性的なESG情報も検討対象としています。

 

ESGリサーチは、デスクリサーチ以外にも、企業経営陣とのミーティング、企業リサーチ・アナリストやESGアナリストとのミーティング、訪問、業界セミナー等を通じて実施されています。また、外部のコーポレート・ガバナンス・リサーチの購読などを通じて、外国株式を中心に、追加的な情報の入手に努めています。

 

企業、テーマ、セクターの観点をカバーする当社のESGリサーチは、重大なESGリスクに対する企業のアプローチに大きな変更があった場合など、必要に応じて、かつ定期的に見直しが行われています。ESGデータベースで管理される定量・定性データを基に作成されるESGサマリーは、当社アナリストによる銘柄評価に活用されています。ESGリサーチ・チームは、ESG関連ニュースやイベントのサマリーの配信も行っています。

 

当社のESGリサーチは、アクティブ・オーナーシップとエンゲージメントの観点から、ESG関連トピックスに関する投資先企業との対話にも活用されています。

 

AMPキャピタルにおける株式運用については、こちらをご覧ください。

債券

債券においてESG課題を検討する意義は、ダウンサイド・リスクの低減にあります。なぜならば、特定の状況下では、重要なESG課題は営業収益やキャッシュ・フローに影響を与え、より深刻なケースでは、デフォルトの危機や信用格付け引き下げといったリスクをもたらすからです。大企業の破綻が語るように、経営陣や企業全体の信用力を理解する上で、コーポレート・ガバナンス課題は特に重要です。債券は市場で売買可能な金融商品であり、デュレーションを通した信用力の維持は、債券投資において重要な検討事項です。

 

AMPキャピタルのESGリサーチ・チームは、ESG課題の関連性について社内の意識向上を図り、企業やセクター分析を通じて債券運用チームをサポートしています。例えば、炭素価格制度がCO2高排出セクターの債券商品に与える影響の分析において、ESGリサーチ・チームはクレジット・チームと密に協働しています。

 

AMPキャピタルでは、社債の分野を中心に、よりシステマチックなESG組み入れプロセスの構築に取り組んでいます。当社では、同資産クラスにおけるESGの影響を調査する目的で設立されたイニシアチブ「UNPRI債券ワーキング・グループ」への参加を通じ、インサイツの共有を行っています。今後の重要な課題は、債券投資分析に貢献する事を目標にESG理解を更に深め、プライシングやデフォルトの確率・影響を理解する上でESG分析がどの様に、そしてどの程度寄与するかを検討することです。

 

AMPキャピタルにおける債券運用については、こちらをご覧ください。

PRI透明性レポート&評価結果(英語のみ)

重要事項

この文書に含まれる情報は一般的な情報の提供のみを目的としてAMP Capital Investors Limited(ABN 59 001 777 591, AFSL 232497)(以下「AMPキャピタル」といいます。)が作成したものです。これは現地において適用される法令諸規則や指令に反することとなる地域での配布または使用を意図したものではなく、かつ、特定の投資ファンドまたは投資戦略への投資を推奨、提案または勧誘するものではありません。読者は、この情報を法的な、税務上の、あるいは投資に関する事項の助言と受け取ってはなりません。読者は(この情報を受領した地域を含む)特定の地域において適用される法令諸規則その他の要件に関して、並びにそれらを遵守しなかったことにより生じる結果について、専門家に意見を求め、相談しなければなりません。この文書の作成に当たっては細心の注意を払っていますが、AMPキャピタルあるいはAMPリミテッドのグループ会社は、予測を含むこの文書の中のいかなる記述についても、その正確性または完全性に関して表明又は保証をいたしません。脚注に示される通り、この文書中のいくつかの情報は、当社が信頼できると判断する情報源から取得しており、現在の状況、市場環境および見解に基づいてます。AMPキャピタルが提供した情報を除き、当社はこの情報を独立した立場で検証しておらず、当社はそれが正確または完全であることを保証することはできません。過去の実績は将来の成果の信頼できる指標ではありません。この文書は一般的な情報の提供を目的として作成したものであり、特定の投資家の投資目的、財務状況または投資ニーズを考慮したものではありません。投資家は、投資判断を行う前に、この文書の情報の適切性を考慮し、当該投資家の投資目的、財務状況又は投資ニーズを考慮した助言を専門家に求めなければなりません。この情報は、その全部または一部であるかを問わず、AMPキャピタルの書面による明示の同意なく、いかなる様式によっても、複製、再配布あるいはその他の形式で他の者が入手可能な状態に置いてはなりません。

当ウェブサイトにおけるクッキーとトラッキングについて:当社では、あなたが当ウェブサイト上で行う選択を記憶し、ウェブサイト機能を補助する事を目的として、基本的なクッキーを使用しています。また、あなたに関連性のある商品やサービスの表示や(あなたが同意した場合にのみ)カスタマイズされたマーケティングを行うために、ウェブサイトのトラッキングと分析目的で任意のクッキーも使用しています。当社におけるクッキーの使用とウェブサイト分析に関する詳細は、こちらからご確認いただけます。あなたのブラウザ設定において、クッキーとトラッキング機能の設定を行っている事を確認してください。