2015年12月

 

実物資産に対する投資家需要は2016年も引き続き高まると見込まれます。

 

2016年の主なトレンド:実物不動産
不動産部門グローバル・ヘッド:カーメル・ホーリガン

実物商業用不動産、特に豪州においては、引き続き魅力的な投資先です。キャップ・レートは過去最低水準まで縮小していますが、インカム・リターンのみだけ見ても豪州不動産は他のグローバル市場や資産クラスと比較して投資妙味があります。2016年は引き続き、資本市場の動向がパフォーマンスを左右する1年となるでしょう。豪州不動産に対する需要(特に海外投資家)は旺盛で、豪ドルの下落によってその魅力が一層高まっています。前回のサイクルと大きく異なる点は、プライシングのドライバーが、デットではなくエクイティであることです。優良不動産の数は限られており、トロフィー物件取引における競争は激しく、現地豪州のプレイヤーがビッド負けするという状況です。日本、中国、ノルウェーからの大手機関投資家はまだ豪州市場に入ってきていない点からも、資本市場の厚みは今後も十分に維持される見通しです。

非上場コア不動産ファンドのリターンはもう少しの間は2桁台が継続すると見込まれますが、次の下落局面に向けたポジショニングを行う必要があるでしょう。当社では、非コア資産の売却を通じて、資産のクオリティとロケーションの観点からディフェンシブなポートフォリオへのリポジショニングを実行しています。2016年にかけては、シドニーとメルボルンのオフィスや優良な郊外型ショッピング・センターを最もポジティブに見ています。

 

2016年の主なトレンド:上場不動産
グローバル上場不動産、副ヘッド:ジェームス・メイデュー

金融刺激策の初期段階にある欧州はとても魅力的です。上場不動産の様に契約に基づく収入を持つ実物資産は、この恩恵を受けるべく良いポジションにあります。都市化、移民、世帯形成が進んでいる一部のドイツ主要都市、そしてスペインのオフィス市場では魅力的な投資機会が確認されています。今後3年間で、スペイン市場では世界で最も急速に賃料が伸びると見込まれています。

2016年は、グローバルでM&Aが活発化すると予測しています。FRBの利上げを受けて、市場ではボラティリティと混乱が高まると見られ、優れたバランスシートと資本コストを有する企業にとっては、非上場不動産と比較してディスカウントで取引されている上場不動産を取得する絶好の機会が提供されるでしょう。

グローバル、そしてゲートウェイ都市における都市化とインフラ投資も注目するテーマのひとつです。このポジティブな構造上のトレンドが進行する市場では賃料上昇が見込まれることから、これら市場において資産または開発能力を有する企業にとって、2016年は実りのある一年になるでしょう。都市やインフラ・プロジェクトによってセクターは小売やオフィス、住宅と異なりますが、ロンドンのウエスト・エンド、マンハッタンのミッド/ダウンタウン、東京都心区はこのポジティブなモメンタムから大きく恩恵を受けると見られます。2020年東京オリンピックやラグビー・ワールド・カップの開催に向けた準備が進んでいる日本では、政府が来日観光客増加に向けた明確な目標を掲げており、日本のホテル・セクターでも魅力的な投資機会が提供されています。

 

全レポートを読む

 

重要事項:この文書に含まれる情報は一般的な情報の提供のみを目的としてAMP Capital Investors Limited(ABN 59 001 777 591, AFSL 232497)(以下「AMPキャピタル」といいます。)が作成したものです。これは現地において適用される法令諸規則や指令に反することとなる地域での配布または使用を意図したものではなく、かつ、特定の投資ファンドまたは投資戦略への投資を推奨、提案または勧誘するものではありません。読者は、この情報を法的な、税務上の、あるいは投資に関する事項の助言と受け取ってはなりません。読者は(この情報を受領した地域を含む)特定の地域において適用される法令諸規則その他の要件に関して、並びにそれらを遵守しなかったことにより生じる結果について、専門家に意見を求め、相談しなければなりません。この文書の作成に当たっては細心の注意を払っていますが、AMPキャピタルあるいはAMPリミテッドのグループ会社は、予測を含むこの文書の中のいかなる記述についても、その正確性または完全性に関して表明又は保証をいたしません。脚注に示される通り、この文書中のいくつかの情報は、当社が信頼できると判断する情報源から取得しており、現在の状況、市場環境および見解に基づいています。AMPキャピタルが提供した情報を除き、当社はこの情報を独立した立場で検証しておらず、当社はそれが正確または完全であることを保証することはできません。過去の実績は将来の成果の信頼できる指標ではありません。この文書は一般的な情報の提供を目的として作成したものであり、特定の投資家の投資目的、財務状況または投資ニーズを考慮したものではありません。投資家は、投資判断を行う前に、この文書の情報の適切性を考慮し、当該投資家の投資目的、財務状況又は投資ニーズを考慮した助言を専門家に求めなければなりません。この情報は、その全部または一部であるかを問わず、AMPキャピタルの書面による明示の同意なく、いかなる様式によっても、複製、再配布あるいはその他の形式で他の者が入手可能な状態に置いてはなりません。