コーポレート・ガバナンス

AMPキャピタルでは、コーポレート・ガバナンスに積極的に取り組んでいます。当社が行うあらゆる意思決定がお客様の資産に影響を及ぼすという事を理解し、全ての決議案に対して十分な検討を行った上で、議決権の代理行使や企業とのエンゲージメントを実行しています。

取締役会の構成と独立性、報酬、企業のアカウンタビリティ(責任)構造、コンプライアンス、過失、収賄・汚職、利益相反、関連会社間取引、株主の権利、会計・監査のクオリティなどの検討を通じ、責任のある投資決定を行う事で、お客様の資産を守り、長期に渡るより良いパフォーマンスの提供に努めています。

AMPキャピタルにおける取り組み

透明性

透明性

AMPキャピタルでは、お客様のリターンの確保に向けて、投資先企業における透明性の確保、コーポレート・ガバナンスとCSR(企業の社会的責任)への真剣な取り組みを追求します。企業とのコミュニケーションなどを通じて、責任ある企業市民としての役割が果たされているかをモニタリングしています。

議決権の代理行使

議決権の代理行使

株主は、投資先企業におけるコーポレート・ガバナンスへの取り組みを改善させるべく影響力を持っています。AMPキャピタルでは、取締役会の構成や報酬、リスク管理などの課題について十分な検討を行った上で、全ての決議案に対して議決権の代理行使を実行し、企業とのエンゲージメントを行っています。責任のある投資決定を通じて、お客様の資産を守り、長期に渡るより良いパフォーマンスの提供に努めています。

AMPキャピタルにおける議決権の代理行使ポリシーを見る(英語のみ)

緻密な分析

緻密な分析

透明性の欠如、株主と取締役会間における利害の不一致、株主利益をもたらさないアクションに対する報酬制度などは不適切な投資先のサインであると考えます。当社では、細密な分析を通じて投資先としての企業の適性を見極めます。

コーポレート・ガバナンス・レポート

AMPキャピタルでは、株主総会シーズン終了後にコーポレート・ガバナンスに関するレポートを発行しています。同レポートを通じて、議決権行使結果の統計や反対票を投じた企業名を開示しており、ガバナンス関連のトピックスやリサーチを取り上げて紹介しています。
 

レポート ダウンロード
2013 Full year report  - March 2014
0
2013 Mid year report  - August 2013
0
2012 Full year report - January 2013
0
2012 Mid year report - July 2012
0
2011 Full year report - February 2012
0
2011 Mid year report - September 2011
0
2010 Full year report - January 2011
0
2010 Mid year report - August 2010
0